RSS | ATOM | SEARCH
鳥人・高梨沙羅

 

成人の日、そこはかとなくBSにチャンネルを合わすと、

WCスキージャンプ女子の中継になりました。

数々の外国人選手が飛び、最後に真打・高梨沙羅選手登場。

その跳躍に驚きました。

その前に飛んだ、どの選手よりもフォームが安定していて美しい!

当然のようにK点越えでした。

 

簡単な表現でまとめるのは失礼かもしれませんが、

彼女は、完全にコツを掴んでいます。

ここをこうして、ホイッ!って飛ぶと、

ホラ、こんなに遠くまで飛べるのよ、という感じ。

 

私の乏しい乏しいスキージャンプの記憶から、

ここまで美しくも安定した飛行フォームができるのは、

笠谷幸生選手と船木和喜選手の2人。

(ちなみに笠谷選手はV字飛行ではありません。)

2人とも、歴史に残る日本のスキージャンパーです。

高梨沙羅選手も、既に歴史の名を刻み始めています。

 

author:保険屋小僧左衛門, category:スポーツのはなし, 16:17
comments(0), trackbacks(0)
アントラーズ惜敗

 

クラブワールドカップ・決勝の件です。

 

アントラーズは善戦しましたね。

恐らく、90分の枠内では、アントラーズが勝っていました。

ところが、120分の枠となると、

レアルマドリードの底力が勝ちました。

 

それにしても、スリリングで見応えのあるゲームでしたね。

こんなことを言うとサッカーファンに怒られそうですが、

日本代表の試合より、遥かに面白い。

アントラーズに、「前へ」の姿勢がありました。

それが、王者・レアルと互角に競り合えた要因だと思います。

 

そもそも、今大会でアントラーズは、

過密日程にもかかわらず、各大陸王者を撃破しています。

これは、とても驚きの事実ですよ。

Jリーグのレベルは上がっているのかもしれませんね。

今後に期待しています。

author:保険屋小僧左衛門, category:スポーツのはなし, 09:45
comments(0), trackbacks(0)
うまくなっていない?

 

昨夜、サッカー日本代表対UAEの

W杯アジア最終予選の初戦をテレビで観戦しました。

疑惑のジャッジがあったにせよ、負けは負けです。

 

それと、日本代表のプレーを見ていて思ったことがひとつ。

ずぶの素人の意見ですから、真に受ける必要はありませんよ。

すったもんだでなんとかW杯初出場を果たしたフランス大会の頃。

日本代表のプレースタイルは、あの頃と基本的に変わっていないのでは?

言い換えれば、選手は入れ替わっても、プレースタイルが変わっていないのでは?

はっきり言えば、うまくなっていないのでは?

 

そんなふうに感じた次第であります。

 

ボール支配率は發い里任垢、ボールを持っているだけ。

パスはマイナス以下のパスばかり。

誰かがボールを持った時、他の誰もゴールに向かって走らない。

俺にパスを寄越せ!という動きがない。

だから、縦パスが出ない、通らない。

結果、ボールは持てど、回すだけなのですねえ。

 

フランスW杯の頃と変わっていないのか、

一度は進化したものの、最近になって退化してしまったのか、

よくわかりませんが、これでは次のW杯出場は危ういのでは?

author:保険屋小僧左衛門, category:スポーツのはなし, 08:22
comments(0), trackbacks(0)
寂しくなるねえ

 

オリンピックも甲子園も、そろそろ終わり。

来週からは寂しくなりますねえ。

別に、毎日欠かさずテレビ観戦しているわけではありませんが、

やっているというだけでにぎやかで、

夏のムードが盛り上がるものですよね。

author:保険屋小僧左衛門, category:スポーツのはなし, 08:59
comments(0), trackbacks(0)
第98回全国高校野球選手権大会が始まる

 

今日、甲子園球場で

「第98回全国高校野球選手権大会」の開会式が催されます。

15日間の熱い(暑い?)闘いが始まるのです。

 

過酷な条件下で選手を酷使している。

高校野球がプロ化している。

大衆迎合化する大会ムード。

個人的に批判したい点はいくつかあります。

 

かといって、地元チームが出場する試合は観てしまいます。

地元チームが勝てば、更に次も観たくなります。

要するに、スポーツは面白ければいいのだ!

とも、思います。

 

最近の世の中の刹那的風潮ですが、

つべこべ言わず、とにかく楽しもう!!

ってところです。

 

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:スポーツのはなし, 07:50
comments(0), trackbacks(0)
祝・オリンピック開幕

 

お祝いと言うほどでもありませんが、

今日、リオデジャネイロオリンピック開幕ですね。

日本から見れば、地球の真裏の地で、

時差はほぼ12時間あるはずです。

今頃現地は、夜の9時頃でしょうか?

オリンピック開幕は明日ということですね。

これだけ時間差があると、盛り上がりにも温度差がありますよね。

現地で開幕の盛り上がりを見せるのはおよそ12時間後、

日本時間で今日の午後9時以降ということになろうかと。

 

治安の問題、ジカ熱の問題、更にはロシアのドーピング問題と、

問題山積の大会ですが、どうやら開幕にこぎ着けそうですね。

本当に大変なのは、選手とそれをサポートするスタッフたちです。

各問題の悪影響を直接被るのは選手やスタッフです。

オリンピックの誘致は、リオデジャネイロ市民の総意であったはずです。

政府に対しいろいろクレームはあるでしょうが、

せめて開催期間中だけは、市民あげて協力する。

それが責任の取り方というものです。

 

author:保険屋小僧左衛門, category:スポーツのはなし, 09:05
comments(0), trackbacks(0)
オリンピックは聖地アテネでいいじゃん!

 

オリンピックには、何かと問題が付きまといますよね。

2020年の東京オリンピックも、

会場や施設の問題、ロゴマークの問題、開催地知事の問題、

それらを取り巻くお金の問題・・・・・

問題山積です。

オリンピックが、各国持ち回りだからこそ起きる問題ばかりです。

 

いっそうのこと、開催地を発祥の地である

ギリシャ・アテネに固定してはどうでしょうね。

日本の高校球児が、甲子園球場を聖地と認識し、

皆が甲子園目指して頑張るように、

アスリートは、ギリシャ・アテネを聖地とし、

4年に一度のスポーツの祭典出場を目指す。

そんな形でどうでしょうか。

 

お金の無駄遣いも減るでしょうし、

開催地選考のための経費もいりませんよ。

お金のかからない、コンパクトなオリンピックになるはずです。

author:保険屋小僧左衛門, category:スポーツのはなし, 07:27
comments(0), trackbacks(0)
ここまできたらやめられない

 

リオデジャネイロ五輪が近づきました。

しかし、ここへ来て、治安の問題、ジカ熱の問題、

ブラジルの財政難の問題、大統領の不在等々、

多くの不安が指摘されていますね。

 

治安の悪さは以前からわかっていたことですよね。

今更そんなこと言ったって・・・ということです。

ジカ熱は感染症ですからね、文句言う前に、

最大限の予防対策を講じるしかありませんよね。

財政難も今に始まった問題じゃありません。

これもやっぱり、今更・・・という話です。

大統領が不在でも、国は運営できるでしょ。

どの問題も、財政難に起因しているような気がしないでもありませんね。

 

どっちみち、ここまできたらやるしかないんですよ。

四の五の言わずに、最大限努力してやるしかないんですよ。

オリンピックはオラが町でやるって、手を挙げちゃったんだから。

author:保険屋小僧左衛門, category:スポーツのはなし, 09:29
comments(0), trackbacks(0)
残念、なでしこジャパン

残念です、非常に残念です。
なでしこジャパンがリオ五輪への切符を逃しました。
2011年のW杯優勝から栄光の軌跡を辿ってきたチームが、
アジアの格下チームになかなか勝てず苦戦しました。
初戦のオーストラリア戦を落としたことが全てのような気がします。

澤選手の引退が象徴的出来事ですが、
なでしこジャパンは世代交代の時期だったと言えるでしょう。
また、ライバルから研究しつくされていたとも考えられますね。

男子サッカーで言えば、王国ブラジルがW杯出場を逃すに等しい
番狂わせな結果だと思います。
アメリカやドイツなどのライバル国はホッとしているでしょうね。
次回のW杯では、見事な復活を遂げてほしいですね。

 
author:保険屋小僧左衛門, category:スポーツのはなし, 10:43
comments(0), trackbacks(0)
ゲームの行方は審判次第

昨夜の侍ジャパンは惜敗でしたね。

それにしても、9回表の則本投手が突然崩れ、
ストライクが入らなくなりましたね。
昨夜は、眠れないくらい悔しかったでしょう。

で、私は、審判を疑っているんですよね。
おや?というジャッジは幾度かありましたよ。
あれはストライクの判定でもおかしくないぞ?
というジャッジが幾度も幾度もあったと思っていますよ。
それで、則本投手やその後継投した投手は
フォアボールを連発したと思っています。

野球とは、審判の個人的感覚で
試合の行方が決まってしまうものです。
そもそもが、大会によって、球場によって、
リーグによって、あるいは審判によって、
ストライクゾーンが異なるというのもおかしな話です。

現在の野球(またはベースボール)は、
国際試合には馴染まない、
ローカルなスポーツなんですよ。
author:保険屋小僧左衛門, category:スポーツのはなし, 08:34
comments(0), trackbacks(0)