RSS | ATOM | SEARCH
おかしな世界です

 

貴乃花部屋の貴ノ岩関が、元横綱・日馬富士はじめ、

お偉い力士の面々から袋叩きに遭った件。

 

何故か、被害者側の貴ノ岩関は規則により十両降格、

貴乃花親方は、理事をクビになりました。

 

まずは、貴ノ岩関に対する処遇について。

極めて変です。ケガや病気で休場すれば降格。

この規則は、あくまでも自己管理の不行き届きに対するものでしょ?

貴ノ岩関は、傷害事件の被害者です。

事件の被害者救済の精神がまったく働いていない相撲協会に疑問、疑問、疑問・・・・・

 

そして、貴乃花親方に対する処遇について。

これもまったく変です。

巡業部長として、傷害事件の事実を協会に報告しなかったから、とか。

それを言ったら、暴行を加えた横綱連中も協会員ですから、

協会へ連絡義務があるはずです。

なのに、彼らは、暴行の後、シレ〜っとしてラーメンを食いに行ったとか。

貴乃花親方は、警察に届けています。

また、貴乃花親方は、相撲協会へ、口頭ではあるものの、

ちゃんと連絡しているのだとか?

事件の被害者への心配りがまったくない相撲協会に疑念、疑念、疑念・・・・・

 

その後、過去の傷害事件が発覚し、

徹底した隠ぺい体質が明確になりましたが、

相撲協会は、貴乃花親方を悪者に仕立て(マスコミもこれを煽ってる)、

相も変わらず、徹底した隠ぺいを図っています。

腐りきった組織としか見えません。

こんな状態で、相撲観戦を楽しめるファンっているのでしょうか。

いるとしたら、その神経を疑います。

本来ならば、悠長に場所を開催している場合ではありません。

暴力、八百長、隠ぺい体質、、、、問題山積のはずなのです。

こんなのが、公益財団法人なのですよ! びっくり!

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 19:09
comments(0), trackbacks(0)
なつかしさいっぱいの1週間

 

先週の土曜日から昨日までは、

懐かしい人々と旧交を温める1週間となりました。

 

まずは、先週土曜日(27日)、

第15代沈壽官という、そこそこ名の知れた陶芸家に会ってきました。

この人、私の大学時代のサークルの先輩でして、

この人の人柄に惚れて、何の興味もないサークルに入ってしまったというわけ。

その後、私は幽霊部員となるも、個人的には細々とお付き合いをしていました。

そして、この度、この地方で展示会を開くとの連絡を頂戴し、

顔を出してきたというわけです。

ご多忙のため、ほとんどご挨拶のみの面談でしたが、

大好きな先輩と久々の会話ができ、嬉しかった〜。

 

そして、その日の夜、中学の同窓会があり、

およそ20名の同級生たちと旧交を温めることができました。

これが、なかなか楽しかった。

中学卒業以来、ほとんど会ったこともないし、

中学在学中にでさえ、会話をしたことがない人もいる・・・

いったいどうなることかと恐る恐る参加したのですが、

全くの杞憂でした。

 

で・・・先一昨日、突然、中学校の恩師であるK先生から電話を頂き、

ちょっと相談があるとのこと。

じゃあ、ご自宅に行きますよ、ってなもんで、

昨日、お宅訪問をしてきました。

K先生とは、3年ほど前、ひょんなきっかけで再会したばかりなのですが、

相談の内容とは、保険のことでした。

前回お会いした時に、近況を報告していましたので、

気にかけて頂いていたのですね。ありがたいことです。

結局、契約は頂けませんでしたが(やり替える必要がなかった)、

2時間以上にわたって、懐かしい昔の話、そしてお互いの近況を話し合い、

愉快な時間を過ごすことができました。

 

いやいや、なつかしさいっぱいの1週間でした。

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 12:47
comments(0), trackbacks(0)
骨抜きにされた

 

なにかと日本国憲法が話題に挙がる世の中です。

日本国憲法と言えば、義務教育において、

一通り読んでいるはずなのですが、

私には読んだ記憶がありませんでした。

数年前、今さらという感覚を持ちつつ、

恥を忍んで、「日本国憲法」という本を購入し、通読してみました。

その結果、私は、義務教育の期間中に

日本国憲法を通読したことはないと確信しました。

いやいや、まったく、お恥ずかしい。

 

さて、この度は、暗記するほど読み込んではいませんが、

日本国憲法は、理想郷、桃源郷でのみ成立する憲法である、

という印象を持ちました。

日本の周辺国と言えば、

中国、ロシア、朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国、

太平洋を挟んでアメリカ合衆国という国々です。

アメリカ合衆国は、同盟国とはいえ、

核兵器を保有する超軍事大国です。

反対側の中国もロシアも、そして、

事実上朝鮮民主主義人民共和国も核兵器保有国です。

日本の周りは、腕っぷしの太い危険極まりない奴らばかりなのです。

この環境下で、よくもこのような憲法が成立するものだとあきれてしまいました。

 

ところで、憲法とは、国民が時の政権を縛るものだと、

胡散臭い野党の党首どもが声高に叫んでおります。

憲法がそういうものであるということは、

頷ける部分もありますが・・・

ではでは、現行憲法においては、

日本国民は、武器を保有するな、外国の侵略から国民を守るな!

と言って、時の政府を縛っているのでしょうか?

つまり、周辺国が核ミサイルを日本に向けて発射した場合、

日本国政府が不作為のまま着弾し、多くの国民が亡くなっても、

国民は日本国政府に対して、

「よくやった。」と言わねばならないということですよね。

 

とにかく、おかしな憲法なのです。

全くの私見で、思い込みに過ぎないのかもしれませんが、

日本国憲法は、GHQが日本を骨抜きにするために強要したものだと思います。

マッカーサー元帥は、日本軍がとても恐ろしくて、

厚木に降り立った時、ちびってしまったというではありませんか。

マッカーサー率いるGHQは、日本におかしな憲法を押し付け、

これを土台に、日本を、日本国民を、平和ボケの骨抜き人間にしようとしたのです。

そして今、その効果は絶大となっているってことです。

そろそろ日本(日本人)は、長〜い夢から覚醒すべきです。

玉手箱を開けて、厳しい現実を知るべきです。

 

 

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 10:46
comments(0), trackbacks(0)
まず、先にあの国を

 

昨年のノーベル平和賞を受賞した

NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)

のベアトリス・フィン事務局長が日本にやってきているらしいです。

わざわざ来日して、日本が、核兵器禁止条約に参加すべきだ

との考えを強調しているらしいです。

日本政府の核兵器への認識と、

広島・長崎の被爆者たちとの認識にはズレがあるとも言っているらしいです。

 

私も、核兵器は廃絶するに越したことはないと思っています。

日本は、世界で唯一の核兵器による被害国であり、

その悲惨さをよく知っています。

核兵器廃絶へのリーダーシップをとれる国なのかもしれません。

 

しかし、日本は、核兵器を持っていません。

しかも、隣国が勝手に核兵器を開発し、

再び核兵器の脅威に晒されています。

核の傘の下に入る必然性があり、

そう簡単に「核兵器廃絶!!」と言えない立場なのではないでしょうか?

そのような日本の苦渋の政策を、容易く非難しないでほしいと思います。

 

むしろ、国際社会が止めているにもかかわらず、

核兵器開発に勤しんでいる隣国に乗り込み、

「核兵器を廃絶せい!」と訴えてやってほしいですね。

核保有国でない日本に来る前に、

まず、先に乗り込むべき国があるやろ!

と言いたいのです。

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:08
comments(0), trackbacks(0)
痩せるは1年、太るは3日

 

医者に勧められ、毎晩の晩酌(缶ビール3本以上)を

週3日(週4日は休肝日)に減らし、1年以上が経過しました。

それが功を奏し、お腹がへこみ、

健康診断の各数値も全て正常値内に収まりました。

 

ところが、この正月の三が日・・・

三日三晩ご馳走を頂き、三日三晩酒を飲んだ結果、

お、お、お腹が、、、出てきました。

あっという間にリバウンドです。

 

さて、そろそろ通常の生活に戻さねばなりませんね。

1年の努力の成果も、

3日間の怠惰で消し飛んでしまう恐れがあります。

この点を肝の銘じるべき、と年の初めに思います。

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:39
comments(0), trackbacks(0)
天皇誕生日なのに

 

クリスマスが過ぎ、街の空騒ぎが一段落しました。

クリスマスというものは、

すっかり日本の風物詩となっています。

私も、その雰囲気に浮かれている一人です。

 

しかし、平成の御代になってからおよそ30年、

12月23日は天皇誕生日であり、

そのために祝日にまでなっているのです。

この時季、クリスマスも良いけど、

まずは、天皇陛下のお誕生日を祝う姿勢があってもいいのでは・・・

と、思うのであります。

 

メリークリスマ〜ス! と乾杯するより優先して、

天皇陛下バンザ〜イ! と乾杯するのが、

日本人としては、適切な行動ではないかと思うのであります。

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 10:32
comments(0), trackbacks(0)
メディアにも告知義務を

 

保険契約には、告知義務というものが付き纏います。

それ、なに? と仰る方がいるかもしれませんね。

だとすれば、私が重要事項の説明を徹底していないのかもしれず、

不徳の致すところ、深く反省致します。

 

告知義務(類似のものに通知義務があります)とは、

保険を契約する際に、契約者は保険会社に、

真実を伝えなければならない、

かつ、不実を伝えてはならない、というものです。

これに違反すれば、保険会社は一方的に契約を解除でき、

また、保険金を支払わないこともあり得るのです。

 

さて、近頃のメディアについて。

ネットのニュースでは、ありもしないことがまことしやかに伝えられ、

地上波テレビなどのオールドメディアでは、

あったはずのことが伝えられない、

このようなことが横行しています。

不実を伝え、真実を伝えないわけですから、

告知義務違反ですよね。

保険契約上ならば、重大な違反行為です。

 

どこの誰が報じているかわからないような

得体の知れないネットの書き込みは別として、

少なくても、報道機関として看板を掲げてやっている

マスコミと呼ばれる個人や団体については、

告知義務の精神を情報の受け手に発信し約束するべきです。

そして、違反すれば業務停止処分に処せられるべきです。

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:10
comments(0), trackbacks(0)
下種(ゲス)の勘繰りではないのか?

 

首相は、友達に便宜を図ったと考える人、

国会議員の中には、たくさんいることでしょう。

一方、首相は、友達だけど仕事の話は一切しないし、

便宜を図らないことが良き友達でいる秘訣と考えているようです。

 

どちらも十分あり得ることだと思います。

 

しかし、世の中には、

友達ならば便宜を図って当然と考える人と、

良き友情を保つため、友達と仕事の話はしないという人、

2種類の人間がいるということです。

人間というもの、他人の考えを推測するとき、

自分の考え方を尺度とするものです。

 

首相が、友達に便宜を図ったと考える国会議員は、

自らの尺度で首相の行動を推測しているということです。

つまり、そういう国会議員は、

首相と似たような状況に直面した時、友達に便宜を図る、

ということです。

 

要するに、下種(ゲス)の勘繰りの結果、

卑しい内心を曝け出してしまっているということです。

 

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 20:09
comments(2), trackbacks(0)
忖度御前、誰が買う?

 

あるコンビニチェーンが、忖度御膳なる弁当を販売したとか。

その値段は、およそ800円で、

コンビニ弁当としては高価なものです。

内容は値段に見合うもののようで、

「忖度」という言葉を流行らせた、あの学園問題に準え、

洒落や冗談が散りばめられているのだとか。

 

ところが、売れないらしいですね。

コンビニの企画担当者としては、

「これは、おもしれ〜!」と思ったのでしょうが、

そもそも客は、コンビニで高級弁当を買おうと思うのか?

その点の配慮が欠けていたのでしょう。

要するに、客の心理を忖度できていないということです。

 

どうせ、客の心理を忖度するのならば、

通常は1,000円近くする高級弁当を

不可解なほど大幅に値引きして、

思い切って100円で販売するべきでしたね。

これこそ、客の心理を忖度した「忖度御膳」ではないでしょうか。

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:22
comments(2), trackbacks(0)
今さら・・・なのですが

 

米国のトランプ大統領が、

エルサレムをイスラエルの首都として認めると言いました。

この発言により、またまた世間が騒ぎ始めているようです。

 

ところが、今更のことで恐縮なのですが、

私は、これまで、一点の曇りもなく、

イスラエルの首都はエルサレムだと信じていました。

 

小学校6年の時の社会の授業で、

地図帳を見ながら、世界各国の位置と首都を

ほぼ完ぺきに暗記させられた際に、

イスラエルの首都はエルサレムである、

と確かに学んだのです。

教材で使われた地図上では、

確かにエルサレムが首都である記載がされていました。

 

あれはなんだったのでしょうか?

その授業のせいで、私は、約40年以上にわたり、

世界の常識から外れた認識を持って生きてきたのです。

お恥ずかしい・・・

 

というか、あの社会の授業があかんのやろ!

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 10:31
comments(2), trackbacks(0)