自虐史観に囚われることなかれ

2019.08.16 Friday

0

    未だに自虐史観に囚われている人々は多いようです。

    何事も日本が悪い! と考える日本人が多いのです。

    ある一面では、正しい史実なのかもしれませんが、

    ごく限られた一面に過ぎないことも明らかです。

     

    自虐史観を煽るマスメディアは、

    その昔、日本の悪い一面を煽り立てた張本人であることも

    私たちは知っておくべきだと思います。

    とりわけ8月は、あの戦争に関する特集記事や特集番組が組まれ、

    一様に、日本が悪かった、日本政府が悪かった、日本軍が悪かった、

    と静かに煽り続けます。

    戦前・戦中の世論をミスリードした張本人が、です。

     

    そろそろ、客観的な立場から歴史を見直しましょう。

    歴史の中では、悪玉と善玉は、糾える縄のごとく入れ替わります。

    誰かが悪玉で、誰かが善玉と決まってはいません。

    当事者が、それぞれの立場で最善と思われる行動をとった結果が歴史です。

    また、現代の感覚、法律、思考法によって、

    歴史上の人々を悪玉か善玉かを裁くことは不可能であることも言い添えておきましょう。

     

    歴史に学ぶことは大切ですから、

    正しい歴史を学ぶことが肝心なのです。

    間違った自虐史観の下で、間違った反省をし、

    それを未来に活かせば、未来もまた間違ってしまいます。

    自虐史観に凝り固まっている人々と

    自虐史観に凝り固まっている自覚のない人々へ、

    お盆週間の比較的時間が空いた時期にこそ、

    我が身を振り返って頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

     

    玉音放送から学ぶ

    2019.08.15 Thursday

    0

       さて、本日は終戦の日です。終戦の日と言えば、「終戦の詔勅」(いわゆる玉音放送)

      を思い浮かべる人は多いことでしょう。陛下の「・・・堪えがたきを堪え忍びがたきを

      忍び、・・・」というお言葉が有名ですね。しかし、終戦の詔勅は、このフレーズだけ

      ではないのですよ。大切なお言葉が、各所に散りばめられており、是非全文を読み返し

      てみるべきです。読み返してみると、戦前・戦中の歴史観が変わります。GHQや共産

      主義者たちによって植え付けられた歴史観は間違っているのではないか? 戦後の大マ

      スコミは、大東亜戦争の真実を捻じ曲げていたのではないか? そんな風に感じます。

       

       ここでは、IRRONNAというニュースサイト内に掲載されている「終戦の詔勅」

      という項目から、終戦の詔勅の現代語訳をコピペして掲載します。

       

       

      【終戦の詔勅(現代語訳)】

       

       朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み、非常の措置を以て時局を収拾しようと思い、

      ここに忠良なる汝(なんじ)ら帝国国民に告ぐ。
       

       朕は帝国政府をして米英支ソ四国に対し、その共同宣言(ポツダム宣言)を受諾する

      ことを通告させたのである。
       

       そもそも帝国国民の健全を図り、万邦共栄の楽しみを共にするは、天照大神、神武天皇

      はじめ歴代天皇が遺された範であり、朕は常々心掛けている。先に米英二国に宣戦した理

      由もまた、実に帝国の自存と東亜の安定とを切に願うことから出たもので、他国の主権を

      否定して領土を侵すようなことはもとより朕の志にあらず。しかるに交戦すでに四年を経

      ており、朕が陸海将兵の勇戦、朕が官僚官吏の精勤、朕が一億国民の奉公、それぞれ最善

      を尽くすにかかわらず、戦局は必ずしも好転せず世界の大勢もまた我に有利ではない。

      こればかりか、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、多くの罪なき民を殺傷しており、惨害

      どこまで及ぶかは実に測り知れない事態となった。しかもなお交戦を続けるというのか。

      それは我が民族の滅亡をきたすのみならず、ひいては人類の文明をも破滅させるはずであ

      る。そうなってしまえば朕はどのようにして一億国民の子孫を保ち、皇祖・皇宗の神霊に

      詫びるのか。これが帝国政府をして共同宣言に応じさせるに至ったゆえんである。

       

       朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力した同盟諸国に対し、遺憾の意を表せざるを得な

      い。帝国国民には戦陣に散り、職場に殉じ、戦災に斃れた者及びその遺族に想いを致せば、

      それだけで五内(ごだい)(玉音は「ごない」。五臓)引き裂かれる。且つまた戦傷を負

      い、戦災を被り、家も仕事も失ってしまった者へどう手を差し伸べるかに至っては、朕が

      深く心痛むところである。思慮するに、帝国が今後受けなくてなたない苦難は当然のこと

      尋常ではない。汝ら国民の衷心も朕はよく理解している。しかしながら朕は時運がこうな

      ったからには堪えがたきを堪え忍びがたきを忍び、子々孫々のために太平を拓くことを願う。
       

       朕は今、国としての日本を護持することができ、忠良な汝ら国民のひたすらなる誠意に

      信拠し、常に汝ら国民と共にいる。もし感情の激するままみだりに事を起こし、あるいは

      同胞を陥れて互いに時局を乱し、ために大道を踏み誤り、世界に対し信義を失うことは、

      朕が最も戒めるところである。よろしく国を挙げて一家となり皆で子孫をつなぎ、固く神

      州日本の不滅を信じ、担う使命は重く進む道程の遠いことを覚悟し、総力を将来の建設に

      傾け、道義を大切に志操堅固にして、日本の光栄なる真髄を発揚し、世界の進歩発展に後

      れぬよう心に期すべし。汝ら国民よ、朕が真意をよく汲み全身全霊で受け止めよ。
       

      御署名(裕仁) 御印(天皇御璽)

       

      以上

       

      いかがでしたか?

       

      戦争の悲惨さを後世に伝えること、戦没者たちへの哀悼、確かに大切なことです。しかし、

      それら一辺倒では議論は偏ってしまいます。先人たちがどのような志を持っていたのか、

      大東亜戦争の目的は何で、どのような経緯で始まり、進められ、終わったのか、その辺の

      ところもしっかり把握しておく必要がありますよね。言い換えれば、客観的史実に基づく

      歴史教育が、今こそ大切だということです。

       

       

       

      K国の矛盾

      2019.08.07 Wednesday

      0

        日本が隣国をホワイト国から除外した件、

        K国は猛烈に怒っていますねえ。

        日本製品を買わない!という運動が巻き起こっています。

         

        しかし、ちょっと待ってほしい。

        日本は、K国への優遇を外し、従来に比べて、

        輸出管理を厳しくすると言っているのです。

        つまり、韓国にモノを(容易くは)売らないよ、

        と言っているのです。

        ではですね、K国民が日本製品を買わない!行動に出ることは、

        日本の意向に沿っているため、抗議行動にはなりませんよね。

        むしろ、日本製品爆買い運動こそ、

        日本政府への抗議活動となると思いまえんか?

         

        矛盾しているのは、K国民ですか? 私ですか?

        あいちトリエンナーレがどえりゃあことになっとる!

        2019.08.07 Wednesday

        0

          我が街・名古屋市は、愛知県の西部に位置し、

          愛知県の県庁所在地です。

          当然、あいちトリエンナーレにお金は出しています。

          この度の「表現の不自由展 その後」という展示が、

          どえりゃあことになってしまっています。

           

          いわゆる慰安婦問題の象徴ともいえる「少女像」、

          天皇陛下のご真影を焼く映像、

          日本人を貶める表現が散りばめられていると聞きます。

          (私は、直接確認はしていません。ネットで確認しただけです。)

          愛知県庁には、非難の嵐が巻き起こっているようです。

          名古屋市長も愛知県知事に意見を申し立てたようです。

          まあ、当然の現象と言えましょう。

          私はむしろ、人々に良識が残っていたのだ、とホッとしているくらいです。

           

          ところが、主催者側と思われる愛知県や芸術監督は、

          表現の自由を汚されたと主張しています。

          展示をやめたのは、脅迫があったからだと言っています。

          もちろん、脅迫という行為は許されませんが、

          取り付く島もなさそうな県側に業を煮やし、

          脅迫まがいの強い口調で抗議したくなる人の気持ちはわからなくもありません。

           

          根本的な問題は、当該展示が芸術なのか、ということです。

          そして、当該展示が、

          表現の自由を守られるべき表現に値するのか、ということです。

          私個人は、どちらもNO!です。

          反日活動家が、公の芸術祭をジャックしたように見えてなりません。

           

          少なくとも、芸術監督の反社会的な挑戦的態度を糾弾すべきです。

          更には、芸術監督の任命責任が愛知県知事にはあります。

          愛知県知事の記者会見を見聞きする限り、

          名古屋市長の抗議は憲法違反だと認識しており、

          当該展示が深刻かつ重大な問題を引き起こしていることを認識していないようです。

          こういう頓珍漢な人を知事にしてしまった愛知県民、

          つまり、私の責任も重大だと思います。

           

          全国の皆様、ごめんなさい。

           

           

           

          原爆投下は戦争犯罪

          2019.08.06 Tuesday

          0

            今日は、広島に原爆が投下された日です。

             

            黙祷・・・・・・・・・・

             

             

            改めて申し上げます。

            原爆投下は、戦争犯罪です。

            ついでに申し上げるならば、

            日本各地の大都市への爆撃も戦争犯罪です。

             

            今からでも間に合うと思います。

            罪を償って頂きましょう。

             

            飛翔体? UFOだな!

            2019.08.06 Tuesday

            0

              近頃、半島の北にある亡国が飛翔体を発射しまくっています。

              軍事オタクのお坊ちゃま君は、全く始末に負えません。

              一発、横っ面を張り倒してやればいいのに、と思います。

              太平洋の向こうに縄張りを持つ大親分にやって頂きたいですね。

              我が国の若大将にも、ちょいと強い態度で迫って頂きたいです。

               

              ところで、飛翔体発射と、どこのメディアも報じていますが、

              要するに、ミサイルとは言えない、言ってはいけない雰囲気があるのでしょうね。

              我が国のメディアは、自国の国民に対しては、忖度をいけないものと断じていますが、

              近隣諸国、特に反日的な皆様に対しては「忖度」するのですね。

              いや、むしろ「斟酌」していますよね。

               

              ※忖度は、相手の気持ちを慮ること。斟酌は、相手の気持ちを推察し取り計らうこと。

               つまり、忖度は思うだけ、斟酌は行動が伴う。

               したがって、これらの行為が違法の方向へ働いた場合、

               忖度は罪に問えないが、斟酌は罪に問うことができる、と考えられます。

               あくまでも、私見。

               

              まあ、ミサイルかどうか断定ができないという体なのでしょうね。

              ならば、飛翔体などと呼ばず、未確認飛行物体と呼びましょうよ。

              要するに、UFO(unidentified flying object)です。

              飛翔体と呼ぶと、もしかしたらミサイルではないか?

              という由々しき事態らしくないのですよね。

              UFOと呼ぶと、なんだか不安を煽ることとなり、

              日本国民に、少しは危機感を持たせることができそうじゃないっすか?

               

              少なくとも憲法改正の議論を進めるべきだ

              2019.07.28 Sunday

              0

                毎週日曜日の朝に放送されている

                T放送局の日曜日の朝というワイドショーがあります。

                ご存知の方も多かろうと思います。

                司会は、元俳優(今も俳優?)のSHさんです。

                 

                先週行われた参議院選挙を振り返るコーナーがありまして、

                参院選で圧勝したはずの自民党をディスリスペクトしていました。

                巧妙な手口で、実は自民党は、それほど圧勝していないし、

                得票数から見れば、RM党やRS組やらの妙に偏った政党は

                善戦したのだというイメージを植え付けていました。

                 

                関連のVTRの中で、記者会見する安倍総理が、

                憲法改正の誤論を進めるべきという主旨の発言をしたのを見て、

                司会のSHさんは・・・

                「なぜ、憲法改正の議論を進めるべきなのかさっぱりわからない?」

                などというとぼけた発言をしておりました。

                私は、あなたの発言こそ、わけがわからん。

                 

                この人は、ニュースキャスターをしている割に、

                国際情勢だの、歴史だの、について勉強不足ですよね。

                もしも、しっかり勉強した上で、

                このような発言をしているとしたら、

                筋金入りのウマシカなのか、

                他国の工作員として日本を分断する使命を負っているのか、どちらかです。

                いずれにせよ、テレビでコメントするに値しないヘンテコな人です。

                 

                ついでに申し上げるならば、

                出演しているコメンテーターの面々も、

                言っている意味がさっぱりわからないし、

                筆頭コメンテーターのTJ氏に至っては、言葉の綴り方(文法)も変です。

                (主語、述語、目的語の関係がおかしい)

                もうひとりのTJ氏(TJ女史)などは、偏り過ぎていて吐きそうになります。

                 

                この番組は、いわばくさやの様なもので、

                くさいのだけど、食べると癖になるのです。

                日曜の朝は、突っ込みどころ満載のこのニュースショーを見て、

                「なに言うてんねん?」「やめときなさい!」「あほか?」「もうええわ!」

                と突っ込みを楽しんでいます。

                案外、これが長寿番組の秘訣だったりして。

                確かに、ニュース解説番組じゃなく、ニュースショー(笑)なのでしょうな。

                 

                改憲勢力3分の2に届かず

                2019.07.22 Monday

                0

                  参議院選挙は、与党が過半数を維持したものの、

                  標題のような結果となりました。

                  日本国民は、イマイチ改憲に及び腰なのでしょうか。

                   

                  私も、つい10年ほど前までは護憲派でした。

                  憲法9条のおかげで平和なのだ、と誤解していました。

                  ところが、隣国による領海侵犯が頻繁になり、

                  もう一つの隣国による拉致事件の概要が明らかになり、

                  なんだかヤバいんじゃねーの?

                  と思うようになったのです。

                   

                  もしかして、自宅に強盗が侵入してきたら・・・

                  何らの抵抗もせず、逃げることもせず、

                  ただそこに座して、強盗の為すがままになる?

                  本当に、そんな、悟りを開いた高僧のような態度が取れますかね?

                  私だったら、命を懸けて格闘するか、必死で逃げるでしょう。

                  そういう例え話に合点がいったある日、

                  私は改憲の必要性を感じ始めました。

                   

                  憲法は、国民が政権を規制するもの、なのだそうですね。

                  つまり、現憲法下では、国民は政府に対し、

                  戦争はダメよ、軍隊も持っちゃダメよ。

                  でも、武装した外国勢力に侵略されたら、

                  丸腰で戦え、まず話し合え! と言っているも同然なのです。

                  そんなご無体な・・・って思いませんか?

                   

                  反対することが使命と考えている人々

                  2019.07.20 Saturday

                  0

                    この国の野党といえば、元はMS党、

                    その後MS党(イニシャル同じじゃん!)に変化、

                    そして今は野党大分裂し、

                    RM党、kM党、その他諸々という具合になっています。

                    これら野党軍団は、政府与党を批判し、

                    政府与党に反対することのみを党是としているかのようですね。

                     

                    政府与党の議員の一挙手一投足をウォッチし、

                    あんなこと言った! こんなことやった!

                    と、いちいちギャーギャーと騒ぎ立てています。

                    政府与党の面々全員が、品行方正、非の打ち所がない人たちとは申しませんが、

                    その批判の大半は、的外れ、言いがかり、レッテル貼り、揚げ足取り、です。

                     

                    私は、10年ほど昔になりますが、

                    彼らが政府与党批判する姿を見て、

                    「なかなか良いこと言ってくれるねえ!」

                    「弁舌爽やかだねえ!」

                    「鋭い質問だねえ!」なんて、思ってしまい、

                    一度、彼らに政権を任せてみてはどうか?

                    などと思ってしまい、

                    あろうことか、彼らに1票を投じてしまいました。

                     

                    今となっては、とても恥ずかしい・・・(;´д`)トホホ

                    完全に見損なっていました。私の見る目がなかった。

                    一国民として、深く反省しています。

                    というか、騙された気分でもあります。

                    ヤルヤル詐欺集団に騙され、

                    国家(国民)の大切な時間を騙し取られました。

                    国益が大きく損なわれたと痛感します。

                     

                    私の反省はこの程度にしておいて、話を元に戻しますが、

                    政府与党批判を繰り返すしか能がない野党軍団には、

                    もはや具体的政策はないものと判断致します。

                    もしも、万が一にも、与党の公約が消費税減税だったら、

                    野党軍団は、反対するのでしょうか?

                    私は、屁理屈をこねて消費税減税に反対すると思いますねえ。

                    それが、我が国の野党軍団です。

                    少なくとも私は、彼らを信じません。

                     

                     

                     

                    遺骨が戻ってこない

                    2019.07.18 Thursday

                    0

                      大東亜戦争中に異国の地で戦死した兵士の皆さんの遺骨が

                      なかなか返ってこない状況なのだとか。

                      なかなか返ってこない状況なのか、などといっている時点で、

                      私の意識の低さがわかってしまいますね。

                       

                      聞くところによれば、当事案の所管は厚生労働省なのだとか。

                      その厚生労働省が、あまり積極的ではないとのこと。

                      まあ、様々な事情があるのでしょうが、

                      国家的プロジェクトとして動けないものなのでしょうか。

                       

                      ちなみに、こういう事案は、アメリカでは軍の所管なのだそうです。

                      考えてみれば、その方が筋が通っているように思えますね。

                      日本も、自衛隊が中心となり、自衛隊の業務として行えばいいのに、

                      なんてこと思います。

                       

                      しかし、これを言ってしまうと、

                      自衛隊は軍ではない!と、

                      別問題にすり替えてしまう人々がいそうですよね。

                      そんな人々の声が、案外大きいものでしてね。

                      いつの間にか、本筋の議論が吹っ飛んでしまいそうです。

                      あ、それから、それって海外派兵やんか!?

                      なんていう議論にすり替える人々もいそうですよね。

                       

                      つまるところ、憲法改正が必要ということですかねえ??