スポンサーサイト

2020.04.09 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    今こそ間仕切り(ガラス板又アクリル板)を復活させよう

    2020.04.09 Thursday

    0

      昔々の銀行や郵便局の窓口には、

      ガラス(今ならアクリル板)の間仕切りがあり、

      下の方に空いた穴から通帳や現金の受け渡しをしていたものです。

      今は、そういった間仕切りは、ほとんど見なくなりました。

       

      何故なくなったのか?

      私が銀行員の頃に聞いた話では、

      お客様との関係を近づけるため、

      窓口の間仕切りは取り払った方が良いという風潮があったとか。

       

      しかし、今どきは違います。

      感染症リスクを考えると、人と人との距離は遠ざけた方が良い、

      ということがいっきに常識化してしまいました。

      いまこそ、ガラス(又はアクリル)での間仕切りが有効ではないでしょうか?

      (防犯上も有効な対策ですしね)

       

      近年、人々は密接になり過ぎました。

      遠くから大切な人を見守るという

      奥ゆかしさを取り戻した方が良いかもしれません。

       

      3分の2あるんだから、発議すればいいのに

      2020.04.03 Friday

      0

        自民党は、衆議院でも参議院でも、

        確か、3分の2の議席をもっていますよね?

        なのに、なぜ、さっさと憲法改正の発議をしないのでしょうか?

         

        野党が憲法審査会を拒否しているからですか?

        野党が審議に応じないからですか?

        野党が批判をするからですか?

         

        違うでしょう。

        なにかといちゃもんばかりの野党がいたとしても、

        3分の2の議席を持っていれば、発議できるはずですが?

        私は、何か間違ったことを言ってますかね?

         

        今回のコロナ騒動を見ていても、

        日本政府の安全保障に対する構えは甘いと思います。

        国民は憲法を改正することにより、

        政府に対し、「もっとしっかり対応しろ!」と

        明確に意思表示をすることが必要だと思いますが?

         

        これは、もしかすると、

        発議をさせない抵抗勢力は、野党ではなく自民党内にいるってことですか?

        おかしな話ですね。

        自民党は、GHQに押し付けられた憲法を

        自らの手で変えるために結党したのだと聞いておりますが。

        その親玉が幹事長だったりしたら、、、残念!

         

         

        定休日復活、24時間営業廃止、がいいんじゃない?

        2020.04.02 Thursday

        0

          昔々、あの高度成長期ですら、

          百貨店や街の店舗は定休日がありました。

          もちろん、24時間営業などではなくて、

          ちゃんと、何時から何時と決められた営業時間があったのです。

          高度成長期で経済が活発な頃もですよ。

           

          近頃は、新型肺炎の影響で、

          臨時休業したり、営業時間短縮したりしていますよね。

          これを機に、定休日復活、24時間営業廃止したらどうでしょう。

          それが常態となれば、普段から疫病感染の勢いも和らぐでしょうし、

          第一、働く人々にも好影響が出るのではないかと思います。

           

          ちゃんと休めば、ブラックも減るでしょうし、

          過労死が減り、働く人々の体力も温存できそうです。

          大袈裟かもしれないけど、環境破壊に歯止めがきくかも。

          今こそ温故知新、働き方改革、

          いや生活スタイルそのものを見直そう。

          オリンピック、やっぱり夏なんだね

          2020.03.31 Tuesday

          0

            東京オリンピックが1年以内に延期と言っていましたが、

            結局、来年7月から開催なのだそうです。

            やっぱり、この季節にやるのですね。

             

            どうせなら、春とか秋とか、

            陽気の良い時季に延期すればいいのに。

            少なくとも、マラソンは札幌ってことなのですね。

             

            ただし、オリンピックのインフラ整備は、

            もっと充実させねばなりませんね。

            例の築地市場の移転問題で引き延ばされた環状線も

            しっかり作って、当初の計画を完遂すべきですね。

             

            東京オリンピックって、

            誘致成功して以来、いろいろと味噌がつきましたよね。

            誘致した都知事が失脚したり、

            その後を引き継いだ都知事もせこい問題で失脚、

            そのまた後を引き継いだ都知事が人の迷惑省みず計画をこねくり回し混乱させたり。

            そうかと思えば、ロゴマークの盗作疑惑があったり、

            新国立競技場の建築計画を卓袱台返ししたり、

            挙げれば枚挙に遑がありません。

             

            延期するくらいなら、中止すればよかったのではないですかね。

            東京2020は2021年にやるんだってさ!では、

            オリンピックの権威も落ちますよ。

             

             

             

            他の数字も発表してはどうか?

            2020.03.26 Thursday

            0

              新型コロナウィルスが蔓延しています。

              日々感染者数と死者数が増えています。

              でもこれって、感染者や死者には申し訳ないのですが、

              極端に大きな数字なのでしょうか?

               

              テレビや新聞では、毎日のように、

              新型コロナウィルスの感染者数・死者数を大々的に発表していますが、

              そればかりやっていると、

              いかにも大変なことになっているという印象のみが強くなります。

               

              新型コロナウィルスの感染者数や死者数と並列して、

              インフルエンザやその他の感染病による感染者数・死者数も発表するとか、

              交通事故による死者数も発表するとか・・・

              いっそうのこと、本日の全死者数と全死因を発表するとかはいかがでしょうか。

              脅威は、新型コロナウィルスだけじゃないってことがわかるでしょうし、

              今何に気を付けるべきかが、よくわかると思います。

               

              徒に不安を煽るだけの報道はやめて、

              真に国民の役に立つような情報提供をしてほしいものです。

              まあ、その時代時代の最も旬で悲観的なニュースを煽るのが

              日本のオールドメディアのやり口なのですが。

              もう、こんなもの要らないですよね。

              何がいけないのかをわかりやすく説明してほしい、、、大切なことだから

              2020.03.14 Saturday

              0

                新型インフルエンザ等対策特別措置法の整備について、

                野党も主要メディアも、「人権が〜!」「安倍が〜!」と

                反対もしくは批判的な態度をとっていますが、

                何故なのかが、よくわかりません。

                既にあった法律の一部を変更するということで、

                今更、反対も批判もないと思うのですが・・・。

                 

                どの条文が、あるいはどの変更が、

                どのように作用して人権侵害につながるのかを

                噛み砕いてわかりやすく説明し、反対や批判をするべきでしょう。

                主要メディアの論調は、著しく偏向しており、

                つまるところ安倍政権を批判するのみですので、

                まったく参考になりません。

                (一事が万事、なんでもこうなってしまう)

                 

                ネットを使って、自分で調べろや!

                と言われても、私のような情弱には調べきれないのです。

                国会答弁を一部始終観ていればわかるぜ!

                と言われても、そんな事している時間もありません。

                ここはひとつ、野党サイドが、感情的にならず、冷静かつ客観的に、

                理詰めの解説サイト(統一見解)を開設して頂くのが最善の策だと思います。

                 

                中国に頼り過ぎていたんだね

                2020.03.13 Friday

                0

                  新型コロナウィルスの影響で、

                  中国からの渡航者が減少しているようですね。

                  中国人観光客を大勢受け容れていた旅館が閉館に追い込まれたり、

                  サプライチェーンが止まってしまい、商品の供給が不十分になったり、

                  経済への影響が甚大です。

                  株価も大幅に下がっていますしね。

                   

                  これは、今まで中国に頼り過ぎていた証拠ですね。

                  これは、いわゆるカントリーリスクと申しましょうか。

                  金融マーケットでは、昔からカントリーリスクには

                  注意を払ってきたはずなのですが、

                  中国という国の進歩やグローバル化により、

                  カントリーリスクという意識が薄れてきていたと考えられますね。

                   

                  中国という国についてよくよく考えてみれば、

                  誠に曖昧模糊とした国家なのだと思います。

                  昔から架橋という人々がいて、

                  彼らは、自国を信頼できず、海外で暮らす富豪たちです。

                  現在の為政者側である共産党の幹部たちも、

                  家族や自分の財産を海外へ逃がしているそうではありませんか。

                   

                  そのような国に頼り過ぎることの危うさ。

                  少し考えればわかることです。

                  君子危うきに近寄らず、です。

                  お隣さんとはいえ、

                  今後は、もう少し距離を置いたお付き合いをした方が・・・

                  コロナ減税をやれ!

                  2020.03.10 Tuesday

                  0

                    新型コロナウィルスの影響で、株が下がっています。

                    あの有名なブラックマンデーを遥かに上回る暴落です。

                    明らかに景気後退の兆しです。

                     

                    思い切ったテコ入れが必要です。

                    まず、消費税をやめることでしょうね。

                    時限立法でもかまいません。

                    少なくとも5年くらいは消費税徴収を停止すべきでしょうね。

                     

                    新型コロナに、特効薬を!

                    世界経済に、大型減税を!

                     

                     

                     

                     

                    白眼視される辛さ

                    2020.03.08 Sunday

                    0

                      私は、喘息です。

                      おまけに逆流性食道炎と診断されています。

                      逆流性食道炎の症状のひとつは、

                      胃液が逆流し喉を刺激し、咳が出るというものです。

                      喘息持ちの私としては、これが発作の原因となり、

                      びびりまくっているという状況です。

                       

                      そこへ、新型コロナウィルスの流行は弱り目に祟り目。

                      これに感染したら、私なんぞはイチコロってなものです。

                      ただでさえインフルエンザが流行しており、

                      戦々恐々としているのに、もう堪らん! です。

                       

                      という心配と並行して困ったことは、

                      私のような病気持ちにとって咳は日常茶飯事。

                      このご時世、街中や人混みで咳でもしようものなら、

                      あっという間に白眼視される始末です。

                      「お前、まさか新型コロナか?」みたいな具合にね。

                       

                      マスクの着用というのは、

                      様々な情報から推察するに、

                      感染されないためには有効ではなく、

                      感染させないためには有効であろうと考えられます。

                      よって、最近は、「私が移したんじゃないよ!」アピールのため、

                      人混みに行くときはマスク着用をしています。

                      だいたい毎日更新します、という嘘

                      2020.01.23 Thursday

                      0

                        昔々、当ブログは、毎日更新していました。

                        しかし、ある方からのクレームがあり、

                        そのクレームに屈し、長期間に及び更新を停止しました。

                        その後、様子見をしつつ、更新を再開しましたが、

                        毎日更新とまではなっていません。

                        更新を再開した頃、だいたい毎日します、

                        と宣言した記憶がありましたが、

                        結果、大嘘の状態となってしまっています。

                         

                        ということで、だいたい毎日更新は、今の私には無理。

                        もう、そこまでのモチベーションがありません。

                        今後は、「なるべく記事を書く」、これで行きます。

                        今日の投稿も約3か月ぶり、四半期ぶりなのです。

                        なるべく・・・とは、少なくとも四半期に1度は書こう、、、

                        ということで、自分で自分を納得させています。