鳥人・高梨沙羅

2017.01.09 Monday

0

     

    成人の日、そこはかとなくBSにチャンネルを合わすと、

    WCスキージャンプ女子の中継になりました。

    数々の外国人選手が飛び、最後に真打・高梨沙羅選手登場。

    その跳躍に驚きました。

    その前に飛んだ、どの選手よりもフォームが安定していて美しい!

    当然のようにK点越えでした。

     

    簡単な表現でまとめるのは失礼かもしれませんが、

    彼女は、完全にコツを掴んでいます。

    ここをこうして、ホイッ!って飛ぶと、

    ホラ、こんなに遠くまで飛べるのよ、という感じ。

     

    私の乏しい乏しいスキージャンプの記憶から、

    ここまで美しくも安定した飛行フォームができるのは、

    笠谷幸生選手と船木和喜選手の2人。

    (ちなみに笠谷選手はV字飛行ではありません。)

    2人とも、歴史に残る日本のスキージャンパーです。

    高梨沙羅選手も、既に歴史の名を刻み始めています。

     

    スポンサーサイト

    2019.09.13 Friday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL