夏至なのですが・・・

2017.06.21 Wednesday

0

     

    今日は夏至です。

    1年で最も昼間の時間が長い日です。

    あいにくの雨で、お天道様を仰ぎ見ることはできませんが、

    それでも、盛夏の兆しを感じますねえ。

     

    スポンサーサイト

    2019.06.26 Wednesday

    0
      関連する記事
      コメント
      こんにちは。ひさびさ拝見しましたがこのところ私の大好きな?保険の話題ないみたいですね。
      ところでこんなとき小僧衛門さんはどうですか?(細かい経緯は省略しますが)代理店で試算不可なケースを保険会社の担当者に試算してもらい返還金を30万円とつたえていて手続きしその後その担当者の計算違いでした、10万円となります、ということがありました。当然契約者は怒るというよりこちらの信用をなくし全契約(紹介者含め)他社へ移行しました。代理店は保険会社のせいで生活の糧を失ったわけです。なんとかご意見よろしくお願いします。
      • by 同業者です
      • 2017/06/21 4:56 PM
      同業者さん、こんにちは。

      言い訳がましいですが、
      私にとって、神羅万象全て保険関連の出来事です。
      雨が降れば災害につながり、
      日照りが続けば事故の遠因となるでしょうし、
      世の中が乱れれば、経済的損失があるでしょうし・・・
      (若干こじつけでした。)

      ところで、大変な目に遭われましたね。
      お見舞い申し上げます。
      まさに驚天動地の大災難といったところですね。

      お客様から見れば、
      保険会社も代理店も同じ穴の狢です。
      保険会社の失敗は、
      代理店の失敗とみなすでしょうね。
      結論として、受けれるしかない現実だと思いますよ。

      私のことを申し上げますと。
      随分前になりますが、
      お客様から頂戴した口座振替依頼書を
      保険会社の事務が、
      紛失してしまったので、
      もう1枚徴求してくださいと、
      しゃーしゃーと言ってきました。
      (当時は、まだ、会社計上でした。)
      あの時は、温厚な私も、さすがに激怒し、
      事務担当者(女性)を泣かす勢いで叱りました。
      紛失したからもう1通頂戴なんて、
      お客様に通じる説明にはなりません。

      私は、銀行員的発想の下、一計を案じました。
      支社長を連れ出し、菓子折りを買わせ、
      お客様の下に馳せ参じ、
      支社長から経緯を説明させ、
      一緒に深々と頭を下げました。
      幸運にも、お許しを頂き、
      もう1通口座振替依頼書を
      取り付けることができました。

      成功談を自慢したいのではありませんよ。
      保険会社の責任者に謝罪させ、
      失敗したのは、保険会社のコイツであって、
      代理店の俺じゃないんだと、
      はっきり示しを付けるというか、
      責任の所在を明確化するというか、、、
      そうすると、せめて溜飲は下がるというものです。

      全て決着がついてしまったあとですから、
      今更の意見にはなりますが・・・。
      • by 保険屋小僧左衛門
      • 2017/06/21 6:09 PM
      ご丁寧な意見ありがとうございます。
      そうした方がよかったのかなあ。保険会社の人間が謝るより、自分で謝った方がいいと考えてしまったんですよねえ。
      • by 同業者です
      • 2017/06/23 1:46 PM
      同業者さん、こんにちは。

      もちろん、代理店も頭を下げるべきです。
      前述のとおり、私も支社長と一緒(同席して)に
      頭を下げましたよ。
      お客様にとっては、
      代理店も保険会社も同じですからね。

      ただ、支社長を巻き込むことによって、
      お客様と代理店、双方の納得度は高まり、
      保険会社には痛い目、、、、
      いやいや教訓を与えることになります。
      • by 保険屋小僧左衛門
      • 2017/06/23 3:07 PM
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL