RSS | ATOM | SEARCH
客の目と保険会社の目

 

私の仕事は、保険会社を代理して、

お客様との間で保険契約を結ぶことです。

だから、代理店と言うのです。

 

つまり私は、保険会社寄りの人間なのです。

したがって、保険会社が販売推進する商品をセールスすることにより、

保険会社の売り上げに寄与し、ひいては自らの収入を確保するのです。

 

が、保険会社もミスリードすることがあります。

顧客のニーズはこれだ!

世間が欲しているものはこれだ!

と豪語して新商品を売り出しますが、

ほとんどお客様の支持を得られず終わってしまう商品は多々あります。

有名無実となり、酷いのは売り止めになってしまいます。

 

そんなことで、数々の憂き目に遭ってきました。

ですから、私は、新商品を積極的に売りません。

まずは、自分が顧客の立場に立ち、

この商品は果たして役に立つものなのかを考えます。

保険ですから、試しに使ってみるわけにはいきませんが、

自分で契約してみて、安心感を抱けるものかどうか?

くらいは実験してみます。

 

保険会社が良いと言っている商品をよく勉強し、

顧客にとってのメリットは何かを理解できたものは、

積極販売しようと心がけています。

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:保険代理店の仕事はいかが?, 13:52
comments(2), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:52
-, -
Comment
こんにちは。
あれもミスリードだったんでしょうが旧スーパーな保険はよかったんですがなくなってしまいましたね。

また直営店の対応、参考になりました。ありがとうございます。電話対応のみなら休み中でもなんとかなりますが代行できるかどうか(高度な折衝はむりだとしても)が結構ポイントだと思ったのですが・・・。
ミスリード
市原, 2017/08/29 2:06 PM
市原さん、こんにちは。

旧スーパー保険は、
私も、良い保険だと思いました。
が、あまりにも高度だったと思います。
保険のことを人一倍勉強している代理店にとっては
大変大きな武器になりました。
玄人受けする保険でしたよね。
でも、それが裏目に出たんでしょうね。
保険オタク的な層には受けるのですが、
世間にいる保険オタクなど一握りの存在です。
つまり、大多数の保険素人層には浸透せず、
消化不良を起こしてしまったと、
個人的には理解しています。

直営店による対応についての説明は
お役に立ちましたか?
要するに、保険会社営業店と代理店の関係と
そっくりの関係ということです。
ただし、引き継いでくれる人たちも募集人ですので、
自分の代わりに契約を取ってきてもらうことは
理論的には、なんとか可能ということです。
保険屋小僧左衛門, 2017/08/29 2:19 PM









Trackback
url: http://blog.produce-one.net/trackback/919340