RSS | ATOM | SEARCH
対案は必要

 

なんでもかんでも批判する野党議員。

テロ等準備罪を共謀罪と言い、

安保法案を戦争法と言い、

とにかく廃案、廃案の連呼。

一事が万事で、国会の質疑をかく乱することのみです。

 

現実的に考えるならば、

与党が圧倒的な過半数の議席を有しているわけで、

どう考えてもその法案、通ってしまうんですよ。

どうせ通ってしまうものならば、

少しでも良き法律になるよう対案を出すことが大切ですよね。

結論として、野党の議員さんは何も結果を出していませんね。

つまり、給料泥棒というわけです。

プラカードを掲げて、強行採決だ〜、と叫ぶだけですから、

野党議員丸儲けというわけです。

 

もっと驚くことは、

こういう人たちに投票する人がいるということです。

実は、私も、あの民主党が政権を取った時、

民主党に票を投じてしまった一人です。

今となっては、判断を誤ったと思っています。

言い訳をすると、民主党の政策に騙され、

それを煽った大手マスコミにしてやられたということです。

 

対案も出せずに仕事している振りの人に騙されないよう注意しましょう。

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:29
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:29
-, -
Comment









Trackback
url: http://blog.produce-one.net/trackback/919366