RSS | ATOM | SEARCH
忖度御前、誰が買う?

 

あるコンビニチェーンが、忖度御膳なる弁当を販売したとか。

その値段は、およそ800円で、

コンビニ弁当としては高価なものです。

内容は値段に見合うもののようで、

「忖度」という言葉を流行らせた、あの学園問題に準え、

洒落や冗談が散りばめられているのだとか。

 

ところが、売れないらしいですね。

コンビニの企画担当者としては、

「これは、おもしれ〜!」と思ったのでしょうが、

そもそも客は、コンビニで高級弁当を買おうと思うのか?

その点の配慮が欠けていたのでしょう。

要するに、客の心理を忖度できていないということです。

 

どうせ、客の心理を忖度するのならば、

通常は1,000円近くする高級弁当を

不可解なほど大幅に値引きして、

思い切って100円で販売するべきでしたね。

これこそ、客の心理を忖度した「忖度御膳」ではないでしょうか。

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:22
comments(2), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:22
-, -
Comment
こんにちは。そうですね。800円だとなんの忖度もなされていないですねえ!
市原, 2017/12/12 7:38 AM
市原さん、こんにちは。

賛成に感謝です。
保険屋小僧左衛門, 2017/12/12 7:51 AM









Trackback
url: http://blog.produce-one.net/trackback/919369