RSS | ATOM | SEARCH
まず、先にあの国を

 

昨年のノーベル平和賞を受賞した

NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)

のベアトリス・フィン事務局長が日本にやってきているらしいです。

わざわざ来日して、日本が、核兵器禁止条約に参加すべきだ

との考えを強調しているらしいです。

日本政府の核兵器への認識と、

広島・長崎の被爆者たちとの認識にはズレがあるとも言っているらしいです。

 

私も、核兵器は廃絶するに越したことはないと思っています。

日本は、世界で唯一の核兵器による被害国であり、

その悲惨さをよく知っています。

核兵器廃絶へのリーダーシップをとれる国なのかもしれません。

 

しかし、日本は、核兵器を持っていません。

しかも、隣国が勝手に核兵器を開発し、

再び核兵器の脅威に晒されています。

核の傘の下に入る必然性があり、

そう簡単に「核兵器廃絶!!」と言えない立場なのではないでしょうか?

そのような日本の苦渋の政策を、容易く非難しないでほしいと思います。

 

むしろ、国際社会が止めているにもかかわらず、

核兵器開発に勤しんでいる隣国に乗り込み、

「核兵器を廃絶せい!」と訴えてやってほしいですね。

核保有国でない日本に来る前に、

まず、先に乗り込むべき国があるやろ!

と言いたいのです。

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:08
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:08
-, -
Comment









Trackback
url: http://blog.produce-one.net/trackback/919377