RSS | ATOM | SEARCH
車を買い替えました

 

本日、新しい車が納車されました。

 

早速、試運転がてら市内を1周してきました。

(丁度、満月の日であるため、白竜神社にも参拝)

 

詳細を申し上げますと、

平成25年型のフィットのハイブリッドRSから

平成25年秋にフルモデルチェンジし、

昨年の秋にマイナーチェンジした、

いわゆるフィット3のハイブリッドSに乗り換えたのであります。

 

両者ともにスポーツタイプの車で、

旧車は、ハイブリッドではありますが、

モーターアシストと申しまして、

エンジンの回転をモーターがアシストするというタイプでした。

ターボ付きエンジンのように吹き上がりが良く、

それでいて、ターボのように吹き上がりまでのタイムラグがありません。

つまり、アクセルを踏み込んだ瞬間に猛烈に加速するのでした。

 

新車は、トヨタのプリウスでよく知られたタイプのハイブリッドで、

発信のときはモーター、加速のときはエンジンが動き、

巡航速度になったらモーターのみで走行、というパターンです。

つまり、旧車とは逆で、エンジンアシスト(主な動力はモーター)という様式です。

 

新車が旧車より劣る点は、加速性能です。

あの、軽くGを感じる加速感はありません。

旧車は、RSということもあって、足回りが固められており、

コーナーリングはシャープでしたが、新車はそれほど際立っていません。

新車は、どこか、近未来の乗り物に乗っているという感覚を覚えます。

このタイプのハイブリッドカーが主流になるとすれば、

これが、新時代の車の乗り心地になるのかなあ・・・と感じます。

 

これも、ある意味、カルチャーショックなのかなあ、と・・・

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 18:08
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:08
-, -
Comment









Trackback
url: http://blog.produce-one.net/trackback/919383