RSS | ATOM | SEARCH
今更ですが、思ったこと

 

かれこれ1年以上にわたり、大騒ぎしているかに見える

加計学園と今治市による獣医学部新設の件。

あるネットのニュース解説を聞いて、

なるほどそうだったのか、と思いました。

(ちなみに池上彰氏の番組ではありません。)

 

その解説の例として挙げられていたのが放送法の事案でした。

安倍政府は、本件に関しても、

岩盤規制側(総務省側)でも議論をさせ、

改革側(民間のワーキンググループ)にも議論させ、

そして、その両者の意見を闘わせるという手法をとっているのだとか。

これは、岩盤規制側にも、それ相応の合理性があり、

もちろん、改革側にも、それ相応の合理性があるわけで、

両者の意見を闘わせることにより、

バランスの取れた結論を出そうという意図が働いているのだそうです。

 

私は、まずこの点において、なるほどそうだったのか、と感心しました。

正直言って、安倍総理を見直したと言いますか・・・。

 

そこで、加計学園と今治市による獣医学部新設の件に話を戻します。

前述の放送法の例に当てはめると、

岩盤規制側の文科省が、改革側のワーキンググループに負けてしまった。

そこで、負けそうになった岩盤規制側、特に獣医師会が、

せめて認可は1校だけにしてくれと、圧力をかけたのか、泣きついたのか。

だいたい、このような構図なのですよね。

 

ここで、ダメ押しのなるほどそうだったのか、となりました。

 

で、更に、負けてしまった岩盤規制側の国会議員が、

獣医師会側から大枚をもらっているのに、

この体たらくでは示しがつかないため、

政府に向かって反旗を翻したということなのですよ、きっと。

(これって、贈収賄っぽくね?)

 

加計学園と今治市による獣医学部新設の件に問題があるとすれば、

改革側ではなく、岩盤規制側(文科省、獣医師会と族議員)にありそうですね。

その意味で、本件をあまり掘り繰り返すと、

岩盤規制側の皆さんこそ、首筋が寒くなるのではないかと・・・

 

等々、今更、そのようなことに気が付き、思っているところです。

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 11:54
comments(2), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:54
-, -
Comment
愛媛県から新たな書面が出て来て、
またまた騒がしくなって来ました。
ところでこの問題、今のところ違法性も
ない訳で野党の皆さんや元事務次官の
言っていることや報じられている通り
だとして一体、誰が困るのでしょうか?
縄張りを荒らされた官僚、既得権益が侵され
つつある獣医師会、そこら辺りから献金を
してもらっている議員ってところでしょうか。
規模や性格の違いはありますが、自治会レベルも
一種の政治で馬鹿正直に規約を守ってなんか
いたら全体なんて動かすことは出来ません。
攻める野党も守る与党も清廉潔白でないのは
よ〜くわかっていますから、もういい加減に
終わらせていただきたいですよ。
問題の本筋もボヤけて何が問題なのかも
分からなくなって来てますし、野党も
政権打倒と自己アピールばかりですし、
そもそも学ぶ若者が可哀想です。
けん, 2018/05/22 7:12 PM
けんさん、こんにちは。

既得権益側の抵抗が続いていますね。
この問題の真相が究明されればされるほど、
既得権益側が窮地に追い込まれてくはずです。
いわゆる怪文書をいくつも登場させ、
的外れな証人喚問や参考人招致を繰り返し、
ますます疑惑は深まったと煙に巻いているのでしょう。
保険屋小僧左衛門, 2018/05/22 7:37 PM









Trackback
url: http://blog.produce-one.net/trackback/919399