礼儀の問題である

2018.10.30 Tuesday

0

     

    政府を批判するのは個人の自由である。仮に政府から金をもらって

    製作した映画が大そうな賞をもらったとしても、あるいは、政府が

    止めるのを振り切って危険な地域に行き、テロ組織に拉致されたと

    しても、自由なのである。

     

    しかし、お金を提供した政府が「おめでとう」を言いたいと言って

    いるのだから、屁理屈を言って拒絶するのではなく、素直に「あり

    がとう」と返すのが礼儀である。危険な地域に行くなと止めた政府

    が、テロ組織から助けてくれたのだから、素直に「ありがとう」と

    礼を言うのが礼儀である。

     

    なんだかんだ言っても、そもそもこれは、礼儀の問題なのである。

    何事も礼に始まって礼に終わる、このことを弁えていない人間は、

    ジャーナリストだの、芸術家だの、反政府だの、偉そうに語る資格

    はないのである。

    スポンサーサイト

    2019.06.26 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL