スポンサーサイト

2019.10.08 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    原理原則は変えられない

    2019.06.07 Friday

    0

      女系天皇を認めるか否かを検討する、なんて世論があるようですが・・・

      これ、全くナンセンスな話だと思いますよ。

      (女性天皇は、もしかしたらあっても良いと思いますが・・・)

       

      古来から天皇陛下は男系の方々が継いで来られたのです。

      これが原理原則です。

      例えるならば、お天道様は東から昇り西に沈む、のと同様のこと。

      お天道様が西から昇って頂くよう検討してみようか?

      なんて、誰が言うでしょうかね。

      女系天皇を検討するなど、それくらい馬鹿げていることなのですよ。

      というか、全くありえないことです。

       

      そもそもが、男系天皇、女系天皇、という言葉がおかしいです。

      天皇は男系に決まっているのです。

      天皇陛下と言えば、男系のお方なのです。

      したがって、「男系天皇」などという表現はあり得ないと思います。

      「危険が危ない」と表現するようなもので、全くもって変です。

      ましてや「女系天皇」などという表現は成り立たないと思います。

      まるで「どんより曇った日本晴れ」と言っているのも同然ではないでしょうか?

       

      万が一にも女系天皇(あり得ない表現)が認められたら、

      それは、イコール王朝が代わるということ。

      つまり、これは、現王朝転覆を意図するクーデターのようなものです。

      女系天皇(だから、、、変な表現なのです)を肯定する人々は、

      錦旗に楯突く反逆者かもしれないこと、認識していますか?

       

      (あくまでも私見ですので、悪しからず。)

       

      スポンサーサイト

      2019.10.08 Tuesday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL