マニュアルミッション車で運転を楽しもう

2019.06.08 Saturday

0

    高齢者の運転による交通事故が増えているのだとか?

    まあ、高齢者と言われる年齢層の人口は極めて多いため、

    多いのは当たり前ではないかと思いますが、

    人口比から言ったらどうなのでしょうね?

     

    高齢者運転の事故が多くなっているのは事実として、

    あくまでも報道によれば、

    アクセルとブレーキの踏み間違えや

    前進とバックのギア入れ間違いによるものが多いとのこと。

    歳をとれば、認識違いってことは増えそうですからね。

    ギアについては、昔のオートマチック車は、

    バックに入れる場合、グリップについているボタンを押さないと入らないとか、

    バックに入れると車内に警告音が鳴るとか、の機能がありましたが、

    今は、ないですよね。どうしてないのかな。

     

    また、オートマチック車が普及し始めた頃、

    アクセルは右足で踏み、ブレーキは左足で踏むといいですよ、

    と販売店の営業からすすめられたものです。

    しかし、右利きの人にとっては、

    左足でブレーキの踏み加減を調節するのは難しということもあってか、

    このスタイルはなかなか普及しなかったようです。

    私も、右足で全てをコントロールしています。

    ちなみに、お世話になってるお客様で、

    アクセル右足・ブレーキ左足を励行している人が、実際にいます。

    この操作方法ならば、アクセルとブレーキの踏み間違いは起きにくいでしょうね。

    ただし、慣れるまでは、他のタイプの事故が起きる可能性が無きにしもあらずですね。

     

    そこで、私が提案したいのは、

    高齢者は、昔ながらのマニュアルミッション車にする、というものです。

    自動運転だの、衝突回避システムだの、コンピューターに頼る必要はありません。

    無人自動運転の交通システムが事故を起こした例もあるではないですか。

    マニュアルミッション車ならば、

    アクセルを踏んで、いきなり高速発進はないでしょうし、

    クラッチを繋いで、いきなりアクセルをベタ踏みした場合でも、

    早々にノッキングして止まってしまい、大きな被害は出ないでしょう。

     

    高齢者と言われる人々は、モータリゼーションの世代です。

    つまり、車好きの人々です。

    オートマチック車などタルい、と考えていた人々です。

    高齢者こそ、マニュアルミッション車に乗るべきです。

    今こそ、マニュアルミッション車で

    ドライビングスポーツを楽しもうではありませんか。

    むしろ、「マニュアルミッション車に限る」と

    免許証に書き込んでしまってもいいんじゃないですか。

     

    スポンサーサイト

    2019.10.08 Tuesday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL