守ると護るは違うよ

2019.06.11 Tuesday

0

    いわゆる護憲派という人たちがいますね。

    憲法を護れというのが彼らの主張ですね。

    天皇陛下は、憲法を守っておられるので、

    護憲派だという主張をした人がいるとかいないとか??

     

    これ、詭弁も詭弁、めっちゃ詭弁ですよね。

    「守る」と「護る」では意味が異なりますから。

    守るとは、約束や規則などを破らないようにするってことです。

    つまり、日本国憲法(約束、規則)を守るということです。

    日本国憲法を守ることは当然のことです。

    一方、護るとは、防衛・防御等を意味します。

    つまり、日本国憲法を外的要因から防衛する、

    言い換えれば、日本国憲法に手を加えることを阻止するということです。

     

    要するに、憲法を守っている人が護憲派とは限らず、

    改憲派である可能性があるということですよね。

    護憲派も改憲派も、「護る」と「守る」の意味を踏まえて、

    議論を闘わせる必要があります。

    こんな基本的なこと、混同して使っている人が多いと思います。

    もっとも、わざと混同して使っている悪い人もいると思いますが。

     

     

    スポンサーサイト

    2019.10.08 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL