忘れられたミスター年金くん

2019.06.15 Saturday

0

    年金以外で2,000万円必要とする報告書について。

    RM党は、

    かつては消えた年金と言われたが、今は消された報告書だ。

    と、政権批判を強めていますね。

    旧民主党勢力は、ここへ来て活き活きとして来ています。

    またまた、子供のいじめを彷彿とさせる国会となるのでしょうか。

     

    もう、こういう論点ずらしの論戦はうんざりです。

    そりゃあ、大臣自ら諮問しておいて報告書を受け取らないとは何事ぞ?

    という感想はごもっともですが、

    そのことだけを国会で追及することに意味があるのでしょうか?

    (『大臣、報告書を受け取りなさい。

      そして、その内容への対応策を一緒に考えましょうよ。』

      というのが、国会議員として正しい姿勢。)

    2,000万円足りない? 100年安心の年金だったのでないのか?

    という形の追及も、どのような結論に導こうとしているのか?

    (『2,000万円を充足させるためには、こういう方法はいかがでしょうか』

      と対応策を進言するのが、国会議員として正しい姿勢。)

     

    そもそも、年金の問題が発覚したのは第1次安倍政権の頃です。

    そのあと、政権を奪取した民主党は、国民の期待を一手に、

    ミスター年金くんを厚労大臣として厚労省に送り込んだのに、

    な〜んの結果も出さず、出せず、忘れられたミスター年金くんになりました。

    そのミスター年金くんが、最近では、またまたテレビに登場し、

    偉そうに年金を語っている光景は、

    なによりも「なるほど珍百景」ではないでしょいか。

     

    要するに、論点はそこではないでしょう。

    我々保険業界でも、年金保険を売る際には、

    公的年金だけでは足りないので自助努力しましょう、

    とセールスしているくらいで、

    老後90歳以上まで生きるならば、

    年金だけでは不安であることは周知の事実なのです。

    では、その不安をリカバリーするにはどのような政策をとるのか?

    それを論点にしてくださいよ。

     

    とりあえず、現政権を倒して留飲を下げ、

    もしも政権を奪取したら、、、その時考えます。。。

    (どうせ、何もできないし、むしろひどくなる。)

    なんて政治家たちに与しないよう国民はよく考えるべきです。

    スポンサーサイト

    2019.09.13 Friday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL