改憲勢力3分の2に届かず

2019.07.22 Monday

0

    参議院選挙は、与党が過半数を維持したものの、

    標題のような結果となりました。

    日本国民は、イマイチ改憲に及び腰なのでしょうか。

     

    私も、つい10年ほど前までは護憲派でした。

    憲法9条のおかげで平和なのだ、と誤解していました。

    ところが、隣国による領海侵犯が頻繁になり、

    もう一つの隣国による拉致事件の概要が明らかになり、

    なんだかヤバいんじゃねーの?

    と思うようになったのです。

     

    もしかして、自宅に強盗が侵入してきたら・・・

    何らの抵抗もせず、逃げることもせず、

    ただそこに座して、強盗の為すがままになる?

    本当に、そんな、悟りを開いた高僧のような態度が取れますかね?

    私だったら、命を懸けて格闘するか、必死で逃げるでしょう。

    そういう例え話に合点がいったある日、

    私は改憲の必要性を感じ始めました。

     

    憲法は、国民が政権を規制するもの、なのだそうですね。

    つまり、現憲法下では、国民は政府に対し、

    戦争はダメよ、軍隊も持っちゃダメよ。

    でも、武装した外国勢力に侵略されたら、

    丸腰で戦え、まず話し合え! と言っているも同然なのです。

    そんなご無体な・・・って思いませんか?

     

    スポンサーサイト

    2019.10.08 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL