玉音放送から学ぶ

2019.08.15 Thursday

0

     さて、本日は終戦の日です。終戦の日と言えば、「終戦の詔勅」(いわゆる玉音放送)

    を思い浮かべる人は多いことでしょう。陛下の「・・・堪えがたきを堪え忍びがたきを

    忍び、・・・」というお言葉が有名ですね。しかし、終戦の詔勅は、このフレーズだけ

    ではないのですよ。大切なお言葉が、各所に散りばめられており、是非全文を読み返し

    てみるべきです。読み返してみると、戦前・戦中の歴史観が変わります。GHQや共産

    主義者たちによって植え付けられた歴史観は間違っているのではないか? 戦後の大マ

    スコミは、大東亜戦争の真実を捻じ曲げていたのではないか? そんな風に感じます。

     

     ここでは、IRRONNAというニュースサイト内に掲載されている「終戦の詔勅」

    という項目から、終戦の詔勅の現代語訳をコピペして掲載します。

     

     

    【終戦の詔勅(現代語訳)】

     

     朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み、非常の措置を以て時局を収拾しようと思い、

    ここに忠良なる汝(なんじ)ら帝国国民に告ぐ。
     

     朕は帝国政府をして米英支ソ四国に対し、その共同宣言(ポツダム宣言)を受諾する

    ことを通告させたのである。
     

     そもそも帝国国民の健全を図り、万邦共栄の楽しみを共にするは、天照大神、神武天皇

    はじめ歴代天皇が遺された範であり、朕は常々心掛けている。先に米英二国に宣戦した理

    由もまた、実に帝国の自存と東亜の安定とを切に願うことから出たもので、他国の主権を

    否定して領土を侵すようなことはもとより朕の志にあらず。しかるに交戦すでに四年を経

    ており、朕が陸海将兵の勇戦、朕が官僚官吏の精勤、朕が一億国民の奉公、それぞれ最善

    を尽くすにかかわらず、戦局は必ずしも好転せず世界の大勢もまた我に有利ではない。

    こればかりか、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、多くの罪なき民を殺傷しており、惨害

    どこまで及ぶかは実に測り知れない事態となった。しかもなお交戦を続けるというのか。

    それは我が民族の滅亡をきたすのみならず、ひいては人類の文明をも破滅させるはずであ

    る。そうなってしまえば朕はどのようにして一億国民の子孫を保ち、皇祖・皇宗の神霊に

    詫びるのか。これが帝国政府をして共同宣言に応じさせるに至ったゆえんである。

     

     朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力した同盟諸国に対し、遺憾の意を表せざるを得な

    い。帝国国民には戦陣に散り、職場に殉じ、戦災に斃れた者及びその遺族に想いを致せば、

    それだけで五内(ごだい)(玉音は「ごない」。五臓)引き裂かれる。且つまた戦傷を負

    い、戦災を被り、家も仕事も失ってしまった者へどう手を差し伸べるかに至っては、朕が

    深く心痛むところである。思慮するに、帝国が今後受けなくてなたない苦難は当然のこと

    尋常ではない。汝ら国民の衷心も朕はよく理解している。しかしながら朕は時運がこうな

    ったからには堪えがたきを堪え忍びがたきを忍び、子々孫々のために太平を拓くことを願う。
     

     朕は今、国としての日本を護持することができ、忠良な汝ら国民のひたすらなる誠意に

    信拠し、常に汝ら国民と共にいる。もし感情の激するままみだりに事を起こし、あるいは

    同胞を陥れて互いに時局を乱し、ために大道を踏み誤り、世界に対し信義を失うことは、

    朕が最も戒めるところである。よろしく国を挙げて一家となり皆で子孫をつなぎ、固く神

    州日本の不滅を信じ、担う使命は重く進む道程の遠いことを覚悟し、総力を将来の建設に

    傾け、道義を大切に志操堅固にして、日本の光栄なる真髄を発揚し、世界の進歩発展に後

    れぬよう心に期すべし。汝ら国民よ、朕が真意をよく汲み全身全霊で受け止めよ。
     

    御署名(裕仁) 御印(天皇御璽)

     

    以上

     

    いかがでしたか?

     

    戦争の悲惨さを後世に伝えること、戦没者たちへの哀悼、確かに大切なことです。しかし、

    それら一辺倒では議論は偏ってしまいます。先人たちがどのような志を持っていたのか、

    大東亜戦争の目的は何で、どのような経緯で始まり、進められ、終わったのか、その辺の

    ところもしっかり把握しておく必要がありますよね。言い換えれば、客観的史実に基づく

    歴史教育が、今こそ大切だということです。

     

     

     

    スポンサーサイト

    2019.10.08 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL