戦争反対! そこまでは賛成だけど・・・

2019.08.27 Tuesday

0

    戦争は反対! 戦争を許すな! と声高にいう人々は多いです。

    私は、もちろん、その意見に大賛成です。

     

    しかし、その先が怪しい。

     

    武力ではなく話し合いで解決すべき・・・

    という意見はわからなくはないけれど、

    時と場合にもよりますよね。

    そもそも先方さんが武力で訴えてきた時などは、

    どうするのでしょうか?

    暴力はやめろ!話し合おうぜ!と訴えるのでしょうか。

     

    非現実的です。

     

    もっと怪しいケースとしては、

    憲法9条を護れば、戦争をしなくて済む、というご意見。

    もっともっと怪しいのは、

    戦後70年、憲法9条のおかげで戦争をしなくて済み、平和だった。というご意見。

    では、北による拉致被害者はどうでしょうか。

    彼らは、戦争(≒テロリズム)の被害者ではないのでしょうか。

    話し合いにより拉致被害者が帰ってきたのでしょうか。

    武力で取り返しにも行けませんが、この情けない状態をどう思っているのでしょうか。

     

    非論理的です。

     

    確かに、日本は、憲法9条によって武力の行使はできず、

    戦争はできないのかもしれません。

    だから、戦争は許さないというメッセージにはなっているでしょうね。

    でも、他国からの武力による侵略やテロリストによる攻撃を

    許している(容易にしている)とは思わないのでしょうか?

    相手が宣戦布告してきたが、日本は武力行使ができない・・・

    この時点で、日本は相手の属国になり下がるというわけですが、

    それでも良いとおっしゃるのでしょうか。

    むしろ、それを望んでおられるのでしょうか。

     

    そろそろ、非現実的、非論理的な議論はやめてほしいです。

     

     

    スポンサーサイト

    2019.10.08 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL