今こそ間仕切り(ガラス板又アクリル板)を復活させよう

2020.04.09 Thursday

0

    昔々の銀行や郵便局の窓口には、

    ガラス(今ならアクリル板)の間仕切りがあり、

    下の方に空いた穴から通帳や現金の受け渡しをしていたものです。

    今は、そういった間仕切りは、ほとんど見なくなりました。

     

    何故なくなったのか?

    私が銀行員の頃に聞いた話では、

    お客様との関係を近づけるため、

    窓口の間仕切りは取り払った方が良いという風潮があったとか。

     

    しかし、今どきは違います。

    感染症リスクを考えると、人と人との距離は遠ざけた方が良い、

    ということがいっきに常識化してしまいました。

    いまこそ、ガラス(又はアクリル)での間仕切りが有効ではないでしょうか?

    (防犯上も有効な対策ですしね)

     

    近年、人々は密接になり過ぎました。

    遠くから大切な人を見守るという

    奥ゆかしさを取り戻した方が良いかもしれません。

     

    スポンサーサイト

    2020.04.09 Thursday

    0
      コメント
      コメントする