RSS | ATOM | SEARCH
メディアにも告知義務を

 

保険契約には、告知義務というものが付き纏います。

それ、なに? と仰る方がいるかもしれませんね。

だとすれば、私が重要事項の説明を徹底していないのかもしれず、

不徳の致すところ、深く反省致します。

 

告知義務(類似のものに通知義務があります)とは、

保険を契約する際に、契約者は保険会社に、

真実を伝えなければならない、

かつ、不実を伝えてはならない、というものです。

これに違反すれば、保険会社は一方的に契約を解除でき、

また、保険金を支払わないこともあり得るのです。

 

さて、近頃のメディアについて。

ネットのニュースでは、ありもしないことがまことしやかに伝えられ、

地上波テレビなどのオールドメディアでは、

あったはずのことが伝えられない、

このようなことが横行しています。

不実を伝え、真実を伝えないわけですから、

告知義務違反ですよね。

保険契約上ならば、重大な違反行為です。

 

どこの誰が報じているかわからないような

得体の知れないネットの書き込みは別として、

少なくても、報道機関として看板を掲げてやっている

マスコミと呼ばれる個人や団体については、

告知義務の精神を情報の受け手に発信し約束するべきです。

そして、違反すれば業務停止処分に処せられるべきです。

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:10
comments(0), trackbacks(0)
下種(ゲス)の勘繰りではないのか?

 

首相は、友達に便宜を図ったと考える人、

国会議員の中には、たくさんいることでしょう。

一方、首相は、友達だけど仕事の話は一切しないし、

便宜を図らないことが良き友達でいる秘訣と考えているようです。

 

どちらも十分あり得ることだと思います。

 

しかし、世の中には、

友達ならば便宜を図って当然と考える人と、

良き友情を保つため、友達と仕事の話はしないという人、

2種類の人間がいるということです。

人間というもの、他人の考えを推測するとき、

自分の考え方を尺度とするものです。

 

首相が、友達に便宜を図ったと考える国会議員は、

自らの尺度で首相の行動を推測しているということです。

つまり、そういう国会議員は、

首相と似たような状況に直面した時、友達に便宜を図る、

ということです。

 

要するに、下種(ゲス)の勘繰りの結果、

卑しい内心を曝け出してしまっているということです。

 

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 20:09
comments(2), trackbacks(0)
忖度御前、誰が買う?

 

あるコンビニチェーンが、忖度御膳なる弁当を販売したとか。

その値段は、およそ800円で、

コンビニ弁当としては高価なものです。

内容は値段に見合うもののようで、

「忖度」という言葉を流行らせた、あの学園問題に準え、

洒落や冗談が散りばめられているのだとか。

 

ところが、売れないらしいですね。

コンビニの企画担当者としては、

「これは、おもしれ〜!」と思ったのでしょうが、

そもそも客は、コンビニで高級弁当を買おうと思うのか?

その点の配慮が欠けていたのでしょう。

要するに、客の心理を忖度できていないということです。

 

どうせ、客の心理を忖度するのならば、

通常は1,000円近くする高級弁当を

不可解なほど大幅に値引きして、

思い切って100円で販売するべきでしたね。

これこそ、客の心理を忖度した「忖度御膳」ではないでしょうか。

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:22
comments(2), trackbacks(0)
今さら・・・なのですが

 

米国のトランプ大統領が、

エルサレムをイスラエルの首都として認めると言いました。

この発言により、またまた世間が騒ぎ始めているようです。

 

ところが、今更のことで恐縮なのですが、

私は、これまで、一点の曇りもなく、

イスラエルの首都はエルサレムだと信じていました。

 

小学校6年の時の社会の授業で、

地図帳を見ながら、世界各国の位置と首都を

ほぼ完ぺきに暗記させられた際に、

イスラエルの首都はエルサレムである、

と確かに学んだのです。

教材で使われた地図上では、

確かにエルサレムが首都である記載がされていました。

 

あれはなんだったのでしょうか?

その授業のせいで、私は、約40年以上にわたり、

世界の常識から外れた認識を持って生きてきたのです。

お恥ずかしい・・・

 

というか、あの社会の授業があかんのやろ!

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 10:31
comments(2), trackbacks(0)
忖度が必要

 

近頃、国会界隈では、「忖度」が罪のように扱われています。

私は、ここで、「忖度」は罪ではないと断言します。

むしろ、人間関係を潤滑にするためには必要なことだと思います。

必要と言っても、決して必要悪ではなく、

積極的に用いるべきものだと考えます。

 

私が生業とする保険代理店業務においても、

お客様の気持ちを慮り、何を望んでおられるかを推測し、

意に沿うようなサービスを提案しなければなりません。

まさに忖度は業務の一環といえます。

 

忖度が罪だというならば、私は罪人です。

保険代理店は全て罪人になってしまいます。

いやいや、業界を問わず、

全営業職が罪人となってしまいますよ。

 

忖度を非難することは内心の自由を奪うことにもなりかねません。

特に、テロ等準備罪の成立までの経緯で、

内心の自由を奪うものだと非難していた野党議員や大手マスコミは、

この点で矛盾していると思いますが、いかがなものでしょうか?

author:保険屋小僧左衛門, category:保険代理店の仕事はいかが?, 10:15
comments(2), trackbacks(0)
対案は必要

 

なんでもかんでも批判する野党議員。

テロ等準備罪を共謀罪と言い、

安保法案を戦争法と言い、

とにかく廃案、廃案の連呼。

一事が万事で、国会の質疑をかく乱することのみです。

 

現実的に考えるならば、

与党が圧倒的な過半数の議席を有しているわけで、

どう考えてもその法案、通ってしまうんですよ。

どうせ通ってしまうものならば、

少しでも良き法律になるよう対案を出すことが大切ですよね。

結論として、野党の議員さんは何も結果を出していませんね。

つまり、給料泥棒というわけです。

プラカードを掲げて、強行採決だ〜、と叫ぶだけですから、

野党議員丸儲けというわけです。

 

もっと驚くことは、

こういう人たちに投票する人がいるということです。

実は、私も、あの民主党が政権を取った時、

民主党に票を投じてしまった一人です。

今となっては、判断を誤ったと思っています。

言い訳をすると、民主党の政策に騙され、

それを煽った大手マスコミにしてやられたということです。

 

対案も出せずに仕事している振りの人に騙されないよう注意しましょう。

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:29
comments(0), trackbacks(0)
事実を伝えていない・・・これ事実

 

日本の大手メディアは、事実を伝えていない。

これは、自分自身でも実感しているところであります。

 

加計学園の認可について答弁が行なわれた閉会中審査。

私は、全編ビデオに録り、全編観ました。

(以前にも申し上げたことです。)

 

ところが翌日の大手メディアの報道に取り上げられているのは、

野党議員の質問と文科省前事務次官氏の答弁ばかり。

政府関係者の発言は、「記憶にない。」等の

いかにも胡散臭く聞こえる部分のみの切り取りばかり。

事実を伝えていないばかりか、捻じ曲げていました。

 

政府が悪者という結論ありきで、

物語が創作されている報道なのでした。

 

国会中継を全編観ていれば、

大手メディアが事実を知らせていないことは、

明々白々、全てわかることなのです。

大手メディアの報道のみで判断し、

反政府的な意見を発言している人たちは、厳に慎むべきです。

 

大手メディアの報道を鵜呑みしたら危険です。

それのみを判断材料にし発言すれば、

見識を疑われますので要注意です。

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:02
comments(0), trackbacks(0)
どうせ、また・・・

 

北の隣国がミサイルを発射しました。

ますます脅威を感じます。

周辺国があらゆる対処を試みたのにもかかわらず、

平然とミサイルを打つという精神構造が恐ろしいです。

 

もっと恐いのは、(多分、)この現実を踏まえても、

圧力より対話を主張する人々がいるということです。

あろうことか、そういう人たちは、

Jアラートの不備をあげつらい日本政府を批判し、

論点を逸らすという、平和ボケ爆発なのでしょうね。

 

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:03
comments(4), trackbacks(0)
コメンテーターは邪魔

 

テレビのワイドショーのコメンテーターというお仕事ですが、

全くお気楽なお仕事だと思います。

 

第一に、世間から大マスコミ様と崇められている

テレビ局の後ろ盾があるために、

何を宣っても安心、安全であることです。

 

そして、制作会社が、切り貼りして作ったVTRを見て、

その政策意図に乗せられてか、

見事に変更コメントをしたり顔で放言しています。

自分なりに調査や取材を行なった形跡はないと思われ、

高い知見などは全く感じられません。

 

いわゆる森友学園や加計学園の問題などでは、

そんなことを強く感じます。

そもそも加計学園は、「問題」なのか否かも疑問です。

ごく最近のニュースでは、力士のよる力士への暴行問題、

これはいつの間にか、加害者であるはずの力士よりも、

被害者である力士とその親方の方に批判的なコメントが目立ちます。

「それ、違うやろ!!」と声を大にして言いたいです。

 

それでも最近は、コメンテーターの中にも、

自らの取材や調査、自らの知見により、

冷静かつ客観的に発言するコメンテーターが、

ごく少数ですが、いることにホッとすることがあります。

このような良識あるコメンテーターが増殖することを願います。

 

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 18:41
comments(2), trackbacks(0)
新嘗祭です

 

新嘗祭です。

五穀豊穣に感謝しましょう。

 

勤労感謝の日とは、そのような日なのですね。

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:47
comments(0), trackbacks(0)