RSS | ATOM | SEARCH
可哀そうになってくる

 

近頃の国会を見ています、と

明らかにいじめが行なわれています。

野党諸君は、1年にもわたって、

同じテーマで同じような質問を繰り返し、

予め想定している答えが返ってこないと、

嘘だ嘘だと叩きまくるのです。

 

誤解を恐れずに申しますと、

近畿財務局のお役人さんが自殺されたのは、

野党諸君の追及が執拗だったからじゃないのか、

なんて思いますねえ。

文書の削除についても、削除された部分を残しておくと、

野党諸君の曲解し、騒ぎが大きくなると不安視したから、

なんて思いますねえ。

 

多分、証人喚問を行なったところで、

野党諸君の意に沿わない答えが返ってくれば、

やれ嘘だ、やれ虚偽答弁だ、などと騒ぎ立てるのみで、

ますます混迷することでしょう。

まさに、「いじめ国会」となることでしょうね。

 

野党諸君(ついでにマスメディアも)のいじめやハラスメントによって、

閣僚や官僚の人生が歪められているのは確かですねえ。

なんだか、閣僚や官僚が可哀そうになってきました。

というか、このまま国会が空転していけば、

最も可哀そうなのは、私たち国民でしょ。

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 08:47
comments(0), trackbacks(0)
おかしな人々

 

近頃は、おかしな人々を見かけます。

病んでるなあ、と思います。

 

おかしな人、いろいろ・・・

1.詐欺師を擁護する人々

2.詐欺被害者に騙された責任を追及する人々

3.いじめられっ子が自殺した原因が

  自分であることに気づかないいじめっ子たち

4.事件を掻い摘んで知らせる瓦版屋さんたち

5.その情報に踊らされて、他人を誹謗中傷する人々

6.嫉妬心丸出しの人々

等々 数限りなし。

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 19:06
comments(0), trackbacks(0)
事実の把握が第一

 

他人を批判することは、とても簡単なことです。

世間に流れている噂でのみ判断して、他人を批判するのは罪です。

 

他人を批評する場合、必須のことは、

面倒臭がらずに、積極的に情報を入手し、

偏見なく、あらゆる情報ソースを辿ることです。

 

それをすると、目から鱗が落ち、

自分の考え方が、いかに偏向していたかがわかります。

ある意味、これは爽快感を伴う心地良い結果です。

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:12
comments(0), trackbacks(0)
野党諸君は優秀な反面教師

 

野党諸君は、すこぶる優秀な「反面教師」だと思う。

小中学生諸君には、国会中継やワイドショーに映し出されている

野党6党の議員さんの言動は真似てはいけません、と教えればよい。

 

野党用語の基礎知識として。。。

1.審議拒否

  学校においては、授業をサボること。

  社会においては、職場放棄。

  転じて、給料泥棒の意。

 

2.国会質問

  誹謗中傷、揚げ足取り、レッテル貼り等他人を貶める行為のこと。

  転じて、「いじめ」の意。

 

3.委員会

  テレビカメラに向かってプラカードを掲げ、暴れまわること。

  野党議員のパフォーマンスを披露する会。

 

4.民意

  野党議員本人の思い込み。

  転じて、独り善がりの意。

 

5.多数決

  少数派でも、大きい声、大袈裟な行為をもってすれば、

  国会をコントロールできるという意。

 

6.民主主義

  意に沿わない状況下で、すねたり、いじけたりすれば、

  周りが気を使って譲歩してくれるだろうと信じること。

 

7.野党議員

  夜盗議員が語源とされる。

 

以上

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 18:49
comments(0), trackbacks(0)
日本の終わり

 

いじめ国会たけなわです。

A新聞は、あるのか、ないのか、わからないことを

あたかもあるかのように報道し、大問題だと論っています。

野党諸君は、裏を取らずに、

A新聞の言いなりに政府を追及しています。

これはもう、「いじめ」です。

とうとう、辞任者と死者が出ました。

あろうことか野党諸君は、辞任者と死者が出たことを

政府の責任と言っており、

自らが、質の悪い「いじめっ子」であることに気づいていません。

 

野党諸君は、これをもって内閣打倒を図っています。

万が一にも、こんな人たちに、こんな問題で、

安倍内閣が倒れるようなことがあったら、

私は、日本は終わるな・・・と感じます。

安倍内閣が倒れたら、誰が政権を担うのでしょうか?

こんな人たち(野党諸君)でしょうか?

今の自民党の誰なのでしょうか?

想像しただけで寒気が走ります。

そうなったら、日本の将来は、ないな! と確信します。

 

もしもそうなれば・・・

北方領土は永久に返還されず、

それどころか、北海道辺りまで、あの北の国が占領するかも?

南の方では、世界の中心を豪語するあの国が、

沖縄辺りまで占領するかもしれません。

九州北部から近畿の辺りまでは、

韓半島の文化圏になってしまうかもしれません。

どれも、武力をもって行われるとは限りません。

「いつの間にか・・・」という手法もあります。

そして、太平洋の遥か彼方の隣国は、

我が国に愛想をつかすかもしれませんね。

 

良識ある日本国民は、

野党諸君とA新聞の暴走を許してはいけません。

ましてや同調してはいけません。

大袈裟かもしれませんが、

テロ特措法を適用してもいいくらいだと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 10:35
comments(2), trackbacks(0)
まるで、いじめだ!

 

いやいや、驚きました。

国会では、まだ、森友問題をやっているのですよ。

天下のA新聞が、財務省が公文書を書き換えたと報じ、

野党議員が、これに食い付いたという感じですね。

 

いつまでやるのでしょうか・・・この問題。

いい加減飽きないものでしょうかねえ。

野党諸君は、国民全員が、政府の説明に納得していないと言い切っていますが、

本当にそうでしょうかねえ。どうやって調べたのでしょうか?

少なくても、国民のひとりである私は、「もういい」と思っています。

 

国会中継やワイドショーを観ていて感じることがあります。

この問題関連の、野党やマスコミのやり方は、「いじめ」ですね。

特定の人や団体を、寄ってたかっていじめているように見えます。

確固たる根拠もなしに、言いがかりやレッテル貼りをして、

他人を貶めようという行為に見えますよ。

 

学校では、いじめ問題が深刻化していますが、

子供たちが模範とすべき大人たちが、積極的に「いじめ」をやっています。

あろうことか、その姿がテレビで報じられているのです。

この人たちは、子供たちへの責任を考えたことがあるのでしょうか。

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 09:05
comments(0), trackbacks(0)
車を買い替えました

 

本日、新しい車が納車されました。

 

早速、試運転がてら市内を1周してきました。

(丁度、満月の日であるため、白竜神社にも参拝)

 

詳細を申し上げますと、

平成25年型のフィットのハイブリッドRSから

平成25年秋にフルモデルチェンジし、

昨年の秋にマイナーチェンジした、

いわゆるフィット3のハイブリッドSに乗り換えたのであります。

 

両者ともにスポーツタイプの車で、

旧車は、ハイブリッドではありますが、

モーターアシストと申しまして、

エンジンの回転をモーターがアシストするというタイプでした。

ターボ付きエンジンのように吹き上がりが良く、

それでいて、ターボのように吹き上がりまでのタイムラグがありません。

つまり、アクセルを踏み込んだ瞬間に猛烈に加速するのでした。

 

新車は、トヨタのプリウスでよく知られたタイプのハイブリッドで、

発信のときはモーター、加速のときはエンジンが動き、

巡航速度になったらモーターのみで走行、というパターンです。

つまり、旧車とは逆で、エンジンアシスト(主な動力はモーター)という様式です。

 

新車が旧車より劣る点は、加速性能です。

あの、軽くGを感じる加速感はありません。

旧車は、RSということもあって、足回りが固められており、

コーナーリングはシャープでしたが、新車はそれほど際立っていません。

新車は、どこか、近未来の乗り物に乗っているという感覚を覚えます。

このタイプのハイブリッドカーが主流になるとすれば、

これが、新時代の車の乗り心地になるのかなあ・・・と感じます。

 

これも、ある意味、カルチャーショックなのかなあ、と・・・

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 18:08
comments(0), trackbacks(0)
おかしな世界です

 

貴乃花部屋の貴ノ岩関が、元横綱・日馬富士はじめ、

お偉い力士の面々から袋叩きに遭った件。

 

何故か、被害者側の貴ノ岩関は規則により十両降格、

貴乃花親方は、理事をクビになりました。

 

まずは、貴ノ岩関に対する処遇について。

極めて変です。ケガや病気で休場すれば降格。

この規則は、あくまでも自己管理の不行き届きに対するものでしょ?

貴ノ岩関は、傷害事件の被害者です。

事件の被害者救済の精神がまったく働いていない相撲協会に疑問、疑問、疑問・・・・・

 

そして、貴乃花親方に対する処遇について。

これもまったく変です。

巡業部長として、傷害事件の事実を協会に報告しなかったから、とか。

それを言ったら、暴行を加えた横綱連中も協会員ですから、

協会へ連絡義務があるはずです。

なのに、彼らは、暴行の後、シレ〜っとしてラーメンを食いに行ったとか。

貴乃花親方は、警察に届けています。

また、貴乃花親方は、相撲協会へ、口頭ではあるものの、

ちゃんと連絡しているのだとか?

事件の被害者への心配りがまったくない相撲協会に疑念、疑念、疑念・・・・・

 

その後、過去の傷害事件が発覚し、

徹底した隠ぺい体質が明確になりましたが、

相撲協会は、貴乃花親方を悪者に仕立て(マスコミもこれを煽ってる)、

相も変わらず、徹底した隠ぺいを図っています。

腐りきった組織としか見えません。

こんな状態で、相撲観戦を楽しめるファンっているのでしょうか。

いるとしたら、その神経を疑います。

本来ならば、悠長に場所を開催している場合ではありません。

暴力、八百長、隠ぺい体質、、、、問題山積のはずなのです。

こんなのが、公益財団法人なのですよ! びっくり!

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 19:09
comments(0), trackbacks(0)
なつかしさいっぱいの1週間

 

先週の土曜日から昨日までは、

懐かしい人々と旧交を温める1週間となりました。

 

まずは、先週土曜日(27日)、

第15代沈壽官という、そこそこ名の知れた陶芸家に会ってきました。

この人、私の大学時代のサークルの先輩でして、

この人の人柄に惚れて、何の興味もないサークルに入ってしまったというわけ。

その後、私は幽霊部員となるも、個人的には細々とお付き合いをしていました。

そして、この度、この地方で展示会を開くとの連絡を頂戴し、

顔を出してきたというわけです。

ご多忙のため、ほとんどご挨拶のみの面談でしたが、

大好きな先輩と久々の会話ができ、嬉しかった〜。

 

そして、その日の夜、中学の同窓会があり、

およそ20名の同級生たちと旧交を温めることができました。

これが、なかなか楽しかった。

中学卒業以来、ほとんど会ったこともないし、

中学在学中にでさえ、会話をしたことがない人もいる・・・

いったいどうなることかと恐る恐る参加したのですが、

全くの杞憂でした。

 

で・・・先一昨日、突然、中学校の恩師であるK先生から電話を頂き、

ちょっと相談があるとのこと。

じゃあ、ご自宅に行きますよ、ってなもんで、

昨日、お宅訪問をしてきました。

K先生とは、3年ほど前、ひょんなきっかけで再会したばかりなのですが、

相談の内容とは、保険のことでした。

前回お会いした時に、近況を報告していましたので、

気にかけて頂いていたのですね。ありがたいことです。

結局、契約は頂けませんでしたが(やり替える必要がなかった)、

2時間以上にわたって、懐かしい昔の話、そしてお互いの近況を話し合い、

愉快な時間を過ごすことができました。

 

いやいや、なつかしさいっぱいの1週間でした。

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 12:47
comments(0), trackbacks(0)
骨抜きにされた

 

なにかと日本国憲法が話題に挙がる世の中です。

日本国憲法と言えば、義務教育において、

一通り読んでいるはずなのですが、

私には読んだ記憶がありませんでした。

数年前、今さらという感覚を持ちつつ、

恥を忍んで、「日本国憲法」という本を購入し、通読してみました。

その結果、私は、義務教育の期間中に

日本国憲法を通読したことはないと確信しました。

いやいや、まったく、お恥ずかしい。

 

さて、この度は、暗記するほど読み込んではいませんが、

日本国憲法は、理想郷、桃源郷でのみ成立する憲法である、

という印象を持ちました。

日本の周辺国と言えば、

中国、ロシア、朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国、

太平洋を挟んでアメリカ合衆国という国々です。

アメリカ合衆国は、同盟国とはいえ、

核兵器を保有する超軍事大国です。

反対側の中国もロシアも、そして、

事実上朝鮮民主主義人民共和国も核兵器保有国です。

日本の周りは、腕っぷしの太い危険極まりない奴らばかりなのです。

この環境下で、よくもこのような憲法が成立するものだとあきれてしまいました。

 

ところで、憲法とは、国民が時の政権を縛るものだと、

胡散臭い野党の党首どもが声高に叫んでおります。

憲法がそういうものであるということは、

頷ける部分もありますが・・・

ではでは、現行憲法においては、

日本国民は、武器を保有するな、外国の侵略から国民を守るな!

と言って、時の政府を縛っているのでしょうか?

つまり、周辺国が核ミサイルを日本に向けて発射した場合、

日本国政府が不作為のまま着弾し、多くの国民が亡くなっても、

国民は日本国政府に対して、

「よくやった。」と言わねばならないということですよね。

 

とにかく、おかしな憲法なのです。

全くの私見で、思い込みに過ぎないのかもしれませんが、

日本国憲法は、GHQが日本を骨抜きにするために強要したものだと思います。

マッカーサー元帥は、日本軍がとても恐ろしくて、

厚木に降り立った時、ちびってしまったというではありませんか。

マッカーサー率いるGHQは、日本におかしな憲法を押し付け、

これを土台に、日本を、日本国民を、平和ボケの骨抜き人間にしようとしたのです。

そして今、その効果は絶大となっているってことです。

そろそろ日本(日本人)は、長〜い夢から覚醒すべきです。

玉手箱を開けて、厳しい現実を知るべきです。

 

 

 

 

author:保険屋小僧左衛門, category:どうしてもしておきたいはなし, 10:46
comments(0), trackbacks(0)