ほうれんそう(報告・連絡・相談)

2005.02.25 Friday

0
    ホウレン草ではなくて、ほうれんそう。報告・連絡・相談で「報連相(ほう・れん・そう)」です。これができない人、しない人がいます。こちらが何か仕事を頼んでもずーっと連絡なし怒り。仕事を頼んだ方としては、その後どうなったか?結論が出なければ途中経過だけでも知りたいですよね?

    私は、期限のない仕事は、仕事ではないと思います。仕事を頼んだ以上、明確な期限を切らなかったとしても、依頼者としては結果次第を心待ちにしているものです。なかなか結論がでないなら、「もう少々お待ちを・・・」の一言でいいから経過連絡が欲しいものです。信頼感もアップしますよね嬉しい

    タイムリーなほうれんそうは、良いビジネスマンになる秘訣・・・・と、私も昔、上司に言われました。

    そのお値段、高い?安い?

    2005.02.24 Thursday

    0
      「自動車保険に入りたいけど、どのくらい安くしてくれますか?お金」という問い合わせを頂きました。そもそも代理店の裁量で保険料を安くしたり高くしたりすることはできません。(法令)「弊店の自動車保険は高いかもしれません。」と答えておきました。(少々大人げない・・・しょんぼり

      高いか安いかは人によって感じ方が違います。1万円より5千円の方が安いのは当然ですが、購入する商品によっては1万円でも安いと感じることだってあります。5千円だと安すぎて胡散臭いと感じることだってあります。

      保険は購入しても「証券」と「約款」という紙が手元に届くのみです。つまり商品を実際に見て、触って・・・比べられません。どうか、自分が加入している、または加入しようとしている保険のパンフレットや約款をよーく読んで下さい。どんな補償(保障)が付いていて、どんな補償(保障)が付いていないのかを確認して下さい。保険はどれも同じ、ではありません。まず第一に、自分が満足・納得・妥協できる保険はどれなのか?を決めてから、保険料の高い?安い?の判断ができるのではないですか?

      そのへんのところ、どうしても分かって頂きたくて・・・。

      娘の高校受験に思うこと

      2005.02.23 Wednesday

      0
        ココ愛知県では、公立高校の願書受付が始まっています。うちの娘も、今日願書を出願に行っています。当初掲げていた第一志望校からは数ランク下がっていて、現実の厳しさをしっかり感じ取っていることでしょう。(多分?)これこそ良い人生勉強になったと思います。

        これから先、大学受験、就職試験等々、様々な壁を越えていかなければなりません。得意の時も失意の時も泰然とし飄々と行動できる人になって欲しいものです。

        親の私も、なかなかできないことですが・・・。汗

        セールスマン

        2005.02.22 Tuesday

        0
          「凄いことになりますよ!」「今がチャンスです!」などの言葉を連呼し相手を煽り立てて、勢いで売ってしまおうというセールスマン男に、最近よく遭遇します。私が遭遇したのは投資関係の業種ですが・・・。

          このセールス話法に乗っけられて契約をしてしまった客は悲劇ですね。第一商品自体がどんなものかが全く理解できないと思います。また、その商品を売買することは投資ではなくて投機ではないかと、私は思うのです。

          セールスマンはまず、客のニード(必要なもの、欲しいもの、あると便利なもの等々)が何であるかを会話の中から探ること。これが最初の仕事でしょ?電話口でいきなり煽り立てるのはよそうよ、セールスマンくん。怒り

          郵便ポスト

          2005.02.21 Monday

          0
            仕事柄、郵便を出す機会が多いんです。外出のついでにポストへ投函することもありますが、投函し忘れてそのまま持って帰ってくることもあります。しょんぼり外出のついでがないとわざわざポストへ行くわけですが、今日のように風が強くて寒い日は、とっても億劫なわけです。

            Eメールで葉書や封書が送れるといいな、と思います。送りたい資料は、ファイルを添付しておけば、郵便局ですべてプリントアウトし、封筒に詰めてくれて相手に送ってくれるとか・・・。

            無精なおじさんの独り言ですが。

            靴のつま先

            2005.02.20 Sunday

            0
              ビジネス用の革靴靴が欲しくて、デパートの靴売り場へ出かけました。最近の靴は、それが流行なのか、つま先が四角いですよね。ローファーまでがそんな形になっているんです。私の若い頃の靴は、特に革の紳士靴は、トラッドなものは丸みを帯びていましたし、少しドレッシーなものはとんがってました。ですから、つま先の四角いやつは、どうも不恰好に見えて嫌だったんです。

              ところが、売り場の男性にそれを訊くと、「足の形に合わせた合理的な構造なんですよ。」という答えが返ってきました。ジョギング試しに履いてみると、なかなか履き心地はグッドです。グッド確かに、足のどの指も靴のつま先に当たることはありません。なるほど、と納得して購入しました。

              明日から、新しい靴で気分一新です。OK

              ”声をかける”ということ

              2005.02.19 Saturday

              0
                私の住む名古屋市には、市バス(市営バス)が走っています。バス久しぶりに今日、市バスに乗りました。いわゆるワンマンバスで、バス1台分の業務一切を運転手さんがやっているのです。
                私が乗車してから2つ目の停留所で下車する人が二人いました。バスが止まって出口が開く寸前に、運転手さんが「扉はゆっくり開きます、慌てなくていいですよ、落ち着いて降りてください。」と車内放送で声をかけたのです。

                運転手さんとお客さんのコミュニケーション次第で、事故を未然に防げるでしょうし、こんな風に声をかけられると、お客さんは安心しますよね。第一気分がいい。嬉しい

                ツギハギだらけの道路

                2005.02.18 Friday

                0
                  年度末だからでしょうか?私の事務所の前でも、朝からドッドッドと音を立てて工事をやっています。ガスかな?水道かな?ここのところ多いんですよね。そのせいで工事の後の道路はツギハギだらけ。なんだか可哀相な・・・。悲しい

                  いちいち掘ったり埋めたりしなくても、蓋を付けておいて工事が必要なときに開ける、というような工夫はできないのかな?その方が、道路も傷つかないし、第一工事の騒音も小さく抑えられるんじゃないかな?工具

                  そんな簡単にはできないよ!という・・・
                  素人には分からない深い理由があるんでしょうね〜マル秘

                  中部国際空港

                  2005.02.17 Thursday

                  0
                    愛知県に住む私にとって、中部国際空港の開港は大きな出来事です。飛行機人や物の流れが変わり、良くも悪くも大きな変化が訪れるでしょうね。中部経済界にとっては悲願の開港ですし・・・。
                    このあと、1ヶ月もすると愛知万博が開催されます。この地域も大きく変わるんでしょうね?

                    ついでに、中部国際空港の隣にもう一つ大きな人工島を作って、ディズニーワールドでも誘致したらどうですかね?東京にはTDR、大阪にはUSJがあるんですから。

                    それから、この際、名古屋の広〜い公道を利用してF1グランプリでも誘致したらどうですかね?だって愛知県にはトヨタがあるし、三重県鈴鹿にはホンダの拠点があるんですよ。日本の公道でF1なんて、しびれますよね?

                    これで、中部経済の益々の発展間違いなし!拍手

                    ”慣れ”という厄介なもの

                    2005.02.16 Wednesday

                    0
                      一昨日、長年使っていた携帯電話の機種変更をしました。携帯
                      電話がかかってきても、しばらくどうしたらいいか分からなくなります。
                      え〜と?このボタンだっけ?汗という具合。

                      私の営業車のギアはコラムシフト、サイドブレーキはフットブレーキ。
                      妻の車のギアはフロアシフト、サイドブレーキはハンドブレーキ。
                      たまに妻の車を運転するとギアを探すその手が空を切り、
                      サイドブレーキをかける足が足踏みする。しょんぼり

                      やれやれ、”慣れ”は厄介なものです。